ぎっくり腰・椎間板ヘルニアをはじめとする、筋肉・骨格による腰痛のタイプ:あるある健康大百科「腰痛編」

« 女性特有の腰痛のタイプ | あるある健康大百科「腰痛編」トップページ | 身近に潜む腰痛の原因① »

ぎっくり腰・椎間板ヘルニアをはじめとする、筋肉・骨格による腰痛のタイプ

筋肉疲労によるぎっくり腰

 急激に体を動かしたり、重い荷物を突然持ち上げたり、無茶な動作が腰の筋肉を痛めつけます。長い間たまった筋肉疲労に気づかず、大丈夫だと思ったのがアダになるのです。
 筋肉疲労によるぎっくり腰は、筋肉に炎症をきたします。熱をもっていますからそこを冷やし、安静にすることです。
 痛みは、普通2~3週間で収まりますが、痛みが軽くならないとき、下半身が動かないときは、必ず病院で診察してもらうことです。
 炎症も消えてきて、痛みが軽減したら、軽い運動から始めてみましょう。
▲先頭へ戻る

背骨が原因のぎっくり腰

 ぎっくり腰の一番大きな要因は疲労につながることが重なって起こるということです。疲労が蓄積してくると、何かの動作をしているときに、いつもとは何か違う違和感が必ず腰にあるはずです。
 その違和感を無視して、背骨のゆがみ、疲労などが重なっているときに、不自然な動きをしたり、悪い姿勢で、いきなり力を入れて物を持ち上げとき、ギクッと腰にくることがあります。
 背骨をきちんと支えることができる筋肉をつくれば、骨によけいな負担をかけずにすみます。そのために背中、腰、お尻、大腿部などの筋肉づくりを行ってください。
▲先頭へ戻る

捻挫によるぎっくり腰

 普通の動きでは意識しない程度に、仙腸関節の動きが鈍くなっている人、あるいは、いきなり大きな動きをしたり、無理な荷物を抱えたりした人が起こす「ぎっくり腰」は、仙腸関節の動きが、ぎくしゃくしているところに、過剰な負担がかかって捻挫してしまったのです。関節の機能を回復するために、脚を曲げる運動や、その周辺の筋肉を鍛える前後屈運動を行いましょう。
 このぎっくり腰は、再発する可能性もあるので、しっかり治したいものです。
▲先頭へ戻る

なりたくないぎっくり腰

 ぎっくり腰にならないのが最も理想ですが、そのためには、腹筋運動を行うことが大切です。筋肉を貧弱にしたために起こるぎっくり腰に圧倒的に多いのですから、とにかく筋肉を常にいきいきとさせておくことが大切です。予防にまさるものはありません。風呂上りのちょっとした時間をみつけて腹筋を鍛えてください。
 一方、ぎっくり腰になった人は、それぞれ原因別の運動を十分に行った後で、最終段階の運動として腹筋運動をしましょう。これを無視して最初に行うと、かえって症状を重くしてしまいます。
▲先頭へ戻る

準備不足腰痛

 まず、何でもスマートにできた若い時代のイメージを捨てましょう。自分のイメージは若いままでも肉体の方は違うのです。体力に対する過信が故障のもとになるので注意が必要です。
 今の体力を自分でできる最高水準まで高め、一日でも長くそれを維持する心がけが大切です。今の自分の体力の限界の正しい認識が、スポーツをエンジョイするコツだからです。ウォーミングアップを十分に行い、体を暖めてから、動きが自然にできるようにすることが重要です。決して手抜きをしたり、自分の思い込みで突っ走らないことがが肝心です。
▲先頭へ戻る

腰痛症

 過重な労働による筋肉の疲れ、その疲れをため込んでさらに筋肉を疲労させる。これが度重なると、筋肉が萎縮してしまいます。その結果、筋肉がやせてしまい、体を支えたり動かしたりする力がなくなり、姿勢の異常や背骨性の腰痛をきたすのです。
 腰痛症になったら、まず十分な栄養を取ること。体だけでなく精神面の疲れも取り去ってくれます。ここがポイントです。精神がリラックスしていると、脳波はアルファ波になり、体が安らぎ、免疫力も高まり、細胞をいきいきとするホルモンが盛んに出ます。
▲先頭へ戻る

椎間板ヘルニア腰痛

 椎間板ヘルニアの特徴的な症状は、体を前に折り曲げるのが困難になることです。これは、「背骨性の痛み」と呼ばれ、軽症の椎間板ヘルニアでは、急性期の炎症が取れ、筋疲労が消えれば痛みのない普通の状態に戻ってしまうこともあります。
 しかし、軽症でないのに痛みがなくなったからといって、途中で治療をやめてしまい、もとの生活習慣に戻してしまうと、良くなったり悪くなったりの悪循環に陥り、ついに入院・手術にまで至ることもあるので気をつけましょう。痛みが改善されるまで、コルセットで補強し、なるべく椎間板への負担を軽くすることが大切です。
▲先頭へ戻る

変形性脊椎症腰痛

 変形性脊椎症や老人性円背は、老化現象から起こる脊椎の変形で、椎間板=軟骨が老化により乾燥し(70歳で新生児の72%の水分)、周囲の筋肉が固くなったため起こる、高齢者に多い腰痛です。
 高齢者だけでなく、ほかにも変形性脊椎症による腰痛の原因として、運動不足や過激なダイエットによる骨や筋肉の減少もあげられます。
 体の疲労を取り去って、歩くなど軽い運動を心がけることが大切です。毎朝、少しずつ運動を行うと自然なマッサージ効果で腰の痛みを軽減させられます。しかしやりすぎて、疲労しますと痛みが出てきますので、決して無理をしてはいけません。
▲先頭へ戻る

脊椎分離症・辷(すべり)症腰痛

 背骨の一部が、一種の骨折を起こしてしまい切れた状態になっているのが、「脊椎分離症」です。また支えがなくなり、分離した部分が前のほうに辷(すべ)りだした状態を「辷(すべり)症」といいます。
 激しいスポーツをしたときや、過労が積み重なって、疲労骨折をきたしたと考えられます。激しいスポーツを行う少年期に多いのも特徴です。
 日常生活では、無理な姿勢や動作を避けることが大切です。痛みが強い場合は、スポーツは控え、コルセットなどの補強も必要です。症状がおちついたら、腹筋、腰と太ももを結ぶ筋肉、背筋を強化する運動をお勧めします。
▲先頭へ戻る

骨粗しょう症腰痛

 人間の体の骨は200以上あり、主な成分はカルシウムやリン酸などのミネラルとコラーゲンといったタンパク質です。カルシウムは血液の中に入って筋肉が働くのを助けるほか、酸素の出し入れ、ホルモンの分泌などさまざまな細胞を働かせています。カルシウムが血液中に少なくなると、骨を作っているカルシウムが血液のほうに取り込まれていって、骨がカルシウムを失うことになります。
 1日に約200ミリグラムのカルシウムが消費されるますから、それ以上を毎日摂取しなければ、骨はガタガタになってしまいます。

 老化やカルシウム不足で、骨がスカスカになったのが「骨粗しょう症」です。骨粗しょう症は男性には少なく、閉経後の女性に多い病気ですから、特に女性は要注意です。カルシウムを1日600ミリグラム以上食べること。そしてそのカルシウムの吸収を助けるビタミンDは、日光の紫外線に当たることで私たちの体の中で作られていきます。
 太陽の下での散歩や運動と食物から摂るカルシウムで、老化を防止、骨や筋肉をしっかりとさせ、若いうちから骨粗しょう症の予防をしましょう。
▲先頭へ戻る

介護腰痛

 腰を曲げる、伸ばす、上半身をねじる、反らせる、下半身を突っ張る、曲げるなど、介護の動きは全身の筋肉に負担をかけます。
 毎日毎日、介護による不自然な動きが続くと、腰や背中が疲れきって、重苦しさ、だるさ、痛さを感じるようになります。
 腰の痛みのために、背中を丸めるような姿で歩いたり、腰がまっすぐにならない人もいます。背骨や骨盤をきちんと矯正し、関節がなめらかに動いたり、筋力がアップする運動を行いましょう。
▲先頭へ戻る

成長腰痛

 子供は、筋肉と骨がすべてバランスよく成長するわけではなく、どちらかが突出してアンバランスな成長になりがちです。例えば、骨の発育に筋肉がついていかなかったり、またはその逆ということは往々にしてあることです。子供はその事はわかっていません。しかし、子供は体を動かすことが大好きなので、アンバランスなままに無理に体を使ってしまい、腰痛になりがちですので、良いバランスに戻す運動が必要です。
 さらに、過度な運動のため、脊椎分離症や椎間板ヘルニアになる場合もあります。
▲先頭へ戻る

« 女性特有の腰痛のタイプ | あるある健康大百科「腰痛編」トップページ | 身近に潜む腰痛の原因① »