高脂血症を防ぐ:あるある健康大百科「サプリメント・健康食品編」

« 骨粗しょう症を予防・改善する | あるある健康大百科「サプリメント・健康食品編」トップページ | 高血圧を予防・改善する »

高脂血症を防ぐ

エイコサペンタエン酸(EPA)

 エイコサペンタエン酸は、魚油に含まれる成分で、健康にいいオメガ3系の多価不飽和脂肪酸の一つ。EPAと略記される。血液をサラサラにして動脈硬化などを防ぎ、アドピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー症状を改善するなど、ドコサヘキサエン酸(DHA)と同じく、幅広い効用があるとみられている。

 エイコサペンタエン酸は青魚に多く含まれる。一部は体内でDHAに変換される。エイコサペンタエン酸EPAを安定化したEPAエチルは日本では医薬品として利用され、血小板の凝集抑制、血清脂質の低下、動脈の伸展性保持の作用が確認されている。イコサペンタエン酸(IPA)と呼ぶこともある。
▲先頭へ戻る

ドコサヘキサエン酸

 ドコサヘキサエン酸は魚油に含まれる成分で、健康にいいオメガ3系の多価不飽和脂肪酸の一つ。DHAと略記される。脂肪や悪玉コレステロールを下げて高脂血症、血圧を下げて高血圧を防ぐ、アドピーや花粉症などのアレルギー疾患を防ぐ、視力の向上、躁うつ病やうつ病、痴ほうを改善する、抗がん作用など、幅広い効用があるとみられている。

 1日1食、100gの魚を食べると十分量のDHAをとれるという。サプリメントの場合は、1日の摂取量の目安は500mg。具体的な症状があったり、健康不安が強いときは、1~1.5gとるとよい。
▲先頭へ戻る

発芽玄米

 発芽玄米は玄米を水につけ、わずかに発芽させた米。発芽状態にして胚芽の酵素を活性化させることにより、玄米の健康機能が高まっている。イライラを緩和して血圧を下げるギャバ(γアミノ酪酸)は玄米の3倍(白米の10倍)に増えている。その一方で、アレルギーの原因となるアレルゲンたんぱく質の量は大幅に減少している。ビタミンやミネラル、ポリフェノールなどの健康成分は玄米と同等量を含む。

 ヒトを対象にした試験によって食後の血糖値の上昇を緩やかにし、ダイエットや高脂血症、高血圧、アトピー性皮膚炎を改善する効果を発揮することが認められている。さらにマウスの実験では、アルツハイマー病を予防する効果が認められた。発芽玄米は、当初、水分が多いウェットタイプが商品化されていたが、次いで、通常のお米と同じ程度に乾燥したドライタイプが登場し、より利用しやすくなった。
▲先頭へ戻る

マグネシウム

 マグネシウムは300以上もの代謝酵素が働くのに必要な必須ミネラル。高めの血糖、中性脂肪、血圧を下げる作用を持つ。筋肉の収縮を抑え、脳梗塞や心臓病、こむら返りも防ぐ。骨を形成するミネラルの一つでもある。ストレスにさらされると、尿から排泄される。食品では、にがり、ナッツ類、きな粉、ひじきなどに多い。サプリメントの場合、カルシウムとマグネシウムなどに多い。サプリメントの場合、カルシウムとマグネシウムを1:1~2:1の比率でとるといい。

 1日当たりの摂取当たりの摂取目安量にマグネシウムが80~300mg含まれている食品には「保健機能食品」(栄養機能食品)の表示が認められている。成人(18歳以上)1人当たりの食事摂取基準(2005年版)の1日推奨量は、男性が18~29歳が340mg、30~49歳が370mg、50~69歳が350mg、70歳以上が310mg。女性は、18~29歳と70歳以上が270mg、30~49歳が280mg、50~69歳が290mg。妊婦は40mgの付加が必要。上限量は特に定められていないが、通常の食品以外からの摂取量(サプリメントを含む)は、成人の場合1日350mg、小児では1日5mg/kg。
▲先頭へ戻る

グレープシード

 グレープシードとはブドウ種子のこと。有効成分ポロフェノールの一種。強力な抗酸化力を持つ。フランスでグレープシードは、脚などの血流が悪くなって静脈が浮き出る静脈瘤の治療薬になっている。悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロールの酸化を抑える作用を持つ。むくみやシミの改善、胃潰瘍の予防、便臭の抑制といった効果もある。摂取目安量は1日100~300mg。副作用や過剰症の報告はみられない。
▲先頭へ戻る

松樹皮ポリフェノール

 松樹皮ポリフェノールは松の樹皮から抽出したポリフェノール成分。産地や抽出方法の違いでピクノジュノール、フラバンジェノール、エンゾジノールといった商標名・商品名がついている。活性酸素を除去する抗酸化パワーが強力で、血流を改善する効果が高い。

 松樹皮ポリフェノールは関節痛や月経不順、注意力障害を改善する効果が報告され、冷え性やむくみの改善、肝臓の機能向上、中性脂肪の低下、美肌効果も確認が進んでいる。松樹皮ポリフェノールの主たる有効成分は、プロアントシアニジンと呼ばれるカテキンのオリゴマー(数個結合したもの)とされる。
▲先頭へ戻る

パンプキンシード

 パンプキンシードは、ウリ科かぼちゃ属の西洋カボチャの種。女性の頻尿、失禁を和らげる。1日にエキス量で525mgを目安にとる。3ヶ月程度で効果を実感できるとされる。花粉症などのアレルギーを抑える効果、高脂血症や高血圧を改善する効果の研究も進められている。
▲先頭へ戻る

アーティチョーク

 アーティチョーク。和名はチョウセンアザミ。地中海原産のキク科の多年草。アーティチョークは古代ローマ時代から健胃作用を持つ野菜として親しまれてきた。ドイツでは、葉の部分の抽出エキスが、脂肪の消化が苦手な人のための胃腸薬として使われる。アーティチョークにはコレステロール値や中性脂肪を下げる作用、肝機能の改善作用もある。
▲先頭へ戻る

キョウオウ

 キョウオウとは春ウコンの正式名。秋ウコンに比べると、色素成分のクルクミンの含有量は少ないが、秋ウコン同様、肝臓の機能を助け、アルコールの分解と胆汁の分泌を促す。また、独特の精油成分を含み、殺菌作用のほか血圧やコレステロールを下げる作用もある。
▲先頭へ戻る

クルクミン

 クルクミンは秋ウコンに多く含まれる黄色色素で、秋ウコンから作られる香辛料ターメリックの主色素成分。クルクミンは抗酸化作用や抗炎症作用が知られ、肝機能の強化や抗菌、コレステロール低減などの健康効果の研究が進められている。
▲先頭へ戻る

ゴマリグナン

 ゴマリグナンはゴマに含まれる脂溶性の抗酸化成分の総称。セサミン、セサモリン、セサミノール、セサモールなどがある。肝臓の働きを高め、二日酔いや悪酔いを予防する。肝臓で脂肪を利用しやすい形に変える酵素を活発化する。ゴマリグナンはコレステロール値や血圧を下げる作用、肝臓ガンや乳がんの予防効果もある。摂取目安量はセサミンとして1日10mg(ゴマ3000粒分)
▲先頭へ戻る

タウリン

 タウリンは魚肉や貝類に多く含まれているアミノ酸。イオウを含むアミノ酸である含硫アミノ酸の一つ。人体では筋肉や脾臓(ひぞう)、脳、骨髄などに多く存在する。タウリンは心筋の代謝を改善したり、肝細胞の賦活と胆汁酸分泌促進の両面から肝機能を改善する医薬品として利用されている。医薬品としての用量は1日1g×3回。このほかコレステロール貧血、肥満に対する効果も注目されている。
▲先頭へ戻る

レシチン

 レシチンは脳や神経組織の細胞膜に含まれるリン脂質のうち、30~50%を占める成分。食品では大豆や卵黄、食肉などに含まれている。厳密にはホスファチジルコリン(PC)のことだが、サプリメントなどで「レシチン」と表記されている場合は、PCを10~20%含むリン脂質混合物を指すことが多い。

 体内で神経伝達物質のアセチルコリンの原料になる。高ホモシステイン血症や肝硬変などを改善するとの報告があり、アルツハイマー病や肝炎、高コレステロール血症の改善作用が期待されている。
▲先頭へ戻る

ロイヤルゼリー

 ロイヤルゼリーはミツバチの女王バチのための特別食。王乳とも呼ばれる。女王バチが働きバチに比べてけた違いに長寿で体も大きくなるのはこの特別食のおかげ。ロイヤルゼリーにはたんぱく質が多いほか、加糖やブドウ糖、脂肪、ビタミン、ミネラルなどが広く含まれる。

 ロイヤルゼリーは「のむと体調が良くなる」と漠然とした効用が知られてきたが、最近は免疫力の向上、アレルギーの抑制、抗菌作用、コレステロールや中性脂肪の低下、肝機能の改善効果などの作用が明らかになってきた。ロイヤルゼリーの原料の9割以上が中国から輸入されているが、値段はまちまち。信頼できる業者の商品を選ぼう。
▲先頭へ戻る

フェヌグリーク

 フェヌグリーク。和名はコロハ。インドで広く栽培されているマメ科の一年草で、種子をそのまま食べたり、粉状にして香辛料として使うほか、薬用にもする。たんぱく質が豊富で、サポニンや食物繊維のガラクトマンナンも多い。伝統的には関節炎や気管支炎、切り傷の治療などに使われてきたが、最近注目されているのは糖尿病や高脂血症に対する作用。複数の臨床試験で、血糖値や悪玉コレステロール値を下げる作用が確認されている。
▲先頭へ戻る

エピガロカテキンガレート

 エピガロカテキンガレートはお茶ポリフェノールであるカテキンの成分の一つで、カテキン全体の半分ほど占める。カテキンの中でも、抗酸化力やコレステロール低下、ガン抑制などの効果が最も強い。
▲先頭へ戻る

カカオマスポリフェノール

 カカオマスポリフェノールはココアやチョコレートの原料となるカカオ豆に含まれるポリフェノール成分。抗酸化力が強く、悪玉コレステロール(LDL)の酸化を抑制して動脈硬化の進展を抑えるほか、ガン予防、ストレス緩和、アレルギー抑制などの効果が報告されている。
▲先頭へ戻る

ケフィア

 ケフィア粒(グレイン)と呼ばれる乳酸菌と酵母の特殊な発酵種を用いて作る発酵乳。ケフィールともいう。長寿地域として知られるロシアのコーカサス地域で飲まれてきた。酵母の働きで独特の酸味が出る。発酵した後、グレインをこし取った液体を飲む。グレインは次の種菌として用いるために、代々受け継がれてきた。グレインは、その形がキノコに似ていることから「ヨーグルトきのこ」と呼ばれて普及した。コレステロール低下やガン細胞増殖抑制、アレルギー改善などの効果が報告されている。アレルゲンが消化管で体内に吸収されるのを抑制する作用が認められている。
▲先頭へ戻る

食物繊維

 食物繊維とはヒトの消化酵素で消化されない食品中の難消化性成分の総称。その多くは糖質。糖尿病やガン、心疾患などの生活習慣病の予防に効果があることがわかり、「第6の栄養素」として注目されるようになってきた。国民栄養調査などの結果から推定すると、実際の摂取量は1日15~16g程度なので、食物繊維は積極的に摂取を心がけたい。水溶性の食物繊維はコレステロール値低下作用があり、血糖値の上昇も抑制する。不溶性の食物繊維は、便通改善作用が高い。

 日本人の食事摂取基準(2005年版)では、目安量と目標量の二つが示されているが、現状の食生活で目安量に達するのは難しい。そこで、国民栄養調査の脚気からだいたいの平均値を出して、食生活で摂取できるであろうという目標量を設定した。成人(18歳以上)1人当たりの1日目標量は、男性18~69歳が20g、70歳以上が17g。女性は18~49歳が17g。50~69歳が18g、70歳以上が15g。
▲先頭へ戻る

オリーブ油

 オリーブの実を搾って作る食用油。悪玉コレステロールを減らす効果が高い脂肪酸であるオレイン酸を豊富に含む。オリーブ油は搾ったままの末精製油で、ポリフェノールなどの抗酸化成分を多く含む「エクストラ・バージン」から、精製で不純物を除いた「ピュア」まで各種グレードがある。特に健康効果が高いのはエクストラ・バージン。風味と香りを生かすため加熱せずに使用したい。オリーブ油は酸化で変質しやすいので、開封したら早めの使用を心がけましょう。
▲先頭へ戻る

ニンニク

 ニンニク。ユリ科の多年草。英名ガーリック。米国ではベストセラーサプリメントの一つ。エジプト時代から強壮に用いられてきた。ニンニクの有効成分はアリイン、スコルジン、ビタミンB1など。アリインは切る、擦るといった過程でアリシンという臭い物質に変わる。

 アリシンはビタミンB1の吸収を促進するほか、抗酸化作用や殺菌、保温、食欲増進などの作用がある。スコルジンは強壮効果があるほか、血圧を低下させ、悪玉コレステロールを減らす作用があるという説もある。ただし、ニンニクのとりすぎは胃を荒らし、腸内の有用な菌を減らすので注意が必要である。生なら1日1カケ程度が理想。サプリメントは、生ニンニク換算で4g程度。
▲先頭へ戻る

オリーブ葉

 オーリブ葉は地中海沿岸原産、モクセイ科の常緑樹であるオリーブの葉。有効成分はオレウロウペインというポリフェノールの一種。血糖や血圧、コレステロールを下げて生活習慣病を予防する。免疫力アップ、感染症の予防効果もあるとされる。
▲先頭へ戻る

キトサン

 キトサンはカニの殻などに含まれる動物性の繊維、キチンを化学処理したもの。キトサンのサプリメントは、8割以上がキトサンになったキチンとキトサンの混合物。これをキチン・キトサンと呼ぶ場合もある。キトサンは、食事に含まれる脂肪を吸着して、便と一緒に排出される。

 コレステロール値や血圧を低下させる作用も持つ。またキトサンを1週間程度のみ続けると腸内の悪玉菌が減るというデータもある。ダイエットのためには、油っぽいものを食べ過ぎた直後に飲むと効果が高い。1日のキトサン摂取目安量は300~500mg程度。カニ・アレルギーの人は飲まないほうがよいでしょう。
▲先頭へ戻る

アルギン酸

 アルギン酸はワカメやコンブなどの褐藻類に多く含まれる水溶性の食物繊維。ナトリウム塩えあるアルギン酸ナトリウムとして存在する。アルギン酸ナトリウムを分解した低分子化アルギン酸ナトリウムは、おなかの調子を整える作用のほか、コレステロールを下げる作用も確認されており、厚生労働省が効果を認めるトクホ(特定保健用食品)の飲料に配合されている。摂取目安量は1日4g。
▲先頭へ戻る

オオバコ

 オオバコはサイリウムの原料。サイリウムは、オオバコの一種であるプランタゴオバタの種皮に含まれる食物繊維で、水を吸うと膨らむため、摂取すると満腹感が得られやすく、ダイエット効果を期待できる。腸のぜん動運動を促し、便秘を解消する作用も持つ。コレステロール値、血糖値の降下作用も確認されている。飲むときは、一緒にたくさん水を飲むと良い。
▲先頭へ戻る

オレイン酸

 オレイン酸は熱に強く酸化されにくい健康に良い油の成分(脂肪酸)。オレイン酸はヒトの体の中にある脂肪酸のうち最も多くを占める。食品では、品種改良したヒマワリの油やオリーブ油などの植物油、アーモンドなどのナッツ類に多く含まれる。オレイン酸は血中のコレステロールのうち、悪玉コレステロール(LDL)を減らすので、動脈硬化の予防に役立つ。
▲先頭へ戻る

ガセリ菌SP株

 ガセリ菌SP株。プロバイオティクス効果のある乳酸菌。ガセリ菌SP株は整腸作用のほか、血中の総コレステロール値を下げる効果なども確認された。日本ミルクコミュニティがトクホ(特定保健用食品)「ナチュレPRO GB」などで商品化している。
▲先頭へ戻る

ガラクトオリゴ糖

 ガラクトオリゴ糖は腸のビフィズス菌を増やすオリゴ糖の一つ。ガラクトオリゴ糖を配合したテーブルシュガーや飲料、酢などが「おなかの調子を整える」トクホ(特定保健用食品)として厚生労働省から認められている。目安量は1日1~3g程度。血中のコレステロールや中性脂肪を下げる作用も報告されている。
▲先頭へ戻る

γオリザノール

 γオリザノールは米胚芽や米ぬかに多いポリフェノール成分で、米胚芽や米ぬかを搾って作る米油に含まれる。植物ステロールの仲間で、コレステロール低減や脳の機能劣化防止などの作用が知られる。日本では高脂血症や自律神経失調症の医薬品として1日10~300mgが使用されている。
▲先頭へ戻る

グアー豆

 グアー豆はインドを主産地とするマメ科穀物グアーの種子。ガラクトースとマンノースからなる多糖類を多く含み、この多糖類は、グアーガムと呼ばれる。グアーガムに微生物の酵素を働かせて加水分解したグアーガム分解物は、グアーガム特有の粘度を下げた無色透明で無味・無臭の素材。いろいろな食品にその食品のふみなどに影響することなく使用可能で、水溶性食物繊維の素材として利用されている。

 グアーガム分解物は、便通や便性の改善など整腸効果のほか、血糖値の上昇を抑制する作用(=グリセミックインデックス(GI)を低下させる作用)、コレステロールを低減する作用などが知られ、健康食品やダイエット食品などに利用されている。おなかの調子を整えるトクホ(特定保健用食品)にも配合されている。
▲先頭へ戻る

グルコマンナン

 グルコマンナンはコンニャク芋から取れる水溶性の食物繊維。複数の厳密な試験で、便秘を改善する効果が確かめられている。これは、グルコマンナンが腸で水を吸って膨らむことで便のかさを増す働きにようるところが大きい。また、腸内細菌で分解されるとオリゴ糖ができ、オリゴ糖がビフィズス菌の餌になって腸内環境を整える。このほか、食後に血糖値があがるのを抑える効果や、血中のコレステロール値を下げる効果なども報告されている。

 なお、コンニャク芋を精製して作るコンニャク粉にはグルコマンナンが含まれているが、コンニャクにすると不溶性に変わるため、全く同じ効果は期待できない。海外ではコンニャク粉を詰めたカプセル剤も市販されている。コンニャクマンナンともいう。
▲先頭へ戻る

米胚芽抽出物

 米胚芽抽出物は脂肪の分解酵素リパーゼの働きを阻害する米胚芽の抽出物。脂肪の消化吸収を低下させる。血糖値や中性脂肪値を下げる作用も持つ。食前に飲む。
▲先頭へ戻る

サイリウム

 サイリウム。オオバコの一種。プランタゴオバタの種皮に含まれる食物繊維で、水を吸うと膨らむため、摂取すると満腹感が得られやすく、ダイエット効果を期待できる。腸のぜん動運動を促し、便秘を解消する作用も持つ。コレステロール値、血糖値の降下作用も確認されている。飲むときは、一緒にたくさん水を飲むと良い。
▲先頭へ戻る

ジアシルグリセロール

 ジアシルグリセロールはオリーブ油やサフラワー油などの食用油に、わずかに含まれる油脂成分。一般の食用油の主成分であるトリアシルグリセロールは、十二指腸でバラバラに分解されて小腸で吸収されたあと、元の形に再合成されて全身に行き渡る。

 一方、ジアシルグリセロールは、再合成されずに肝臓へ運ばれるのでエネルギーとして使われやすい。食後の中性脂肪値が上昇しにくく、体脂肪として蓄積されにくいのが特徴。ジアシルグリセロールを約80%含む食用油を、花王がトクホ(特定保健用食品)「エコナクッキングオイル」として商品化している。
▲先頭へ戻る

植物性ステロール

 物性ステロール。植物に含まれるステロール。ステロールは細胞膜を健全に保つために、すべての生物に必要不可欠な脂溶性の物質。動物のステロールは、コレステロールという。植物ステロールは摂取すると、消化管の中でコレステロールの吸収を妨げるため、コレステロール値を下げる効果がある。

 大豆の植物ステロール(シトステロール)や米の植物ステロール(γオリザノール)は、高脂血症の医薬品として利用されている。用量は1日1g前後。植物ステロールを含む植物油やマーガリンなどの油含有食品は「コレステロールが高めの方に適する」というトクホ(特定保健用食品)の表示許可を取得している。
▲先頭へ戻る

大豆たんぱく質

 大豆たんぱく質は大豆に35%程度含まれるたんぱく質のこと。コレステロール値の低下作用が認められており、脱脂大豆から作る「分離大豆たんぱく質」を配合した商品が、「コレステロールが高めの方に適するというトクホ(特定保健用食品)表示の許可を厚生労働省から取得している。

 米国では、FDA(米国薬品局)が1食分に大豆たんぱく質6.25g以上を含む食品に対して、「飽和脂肪酸とコレステロールを減らすことで心臓病のリスクを減らす」といった効能をラベルに記載することを認めている。こうした食品は、大豆イソフラボンも含んでいるので、更年期障害の症状緩和や骨粗しょう症の予防効果も期待できる。
▲先頭へ戻る

ナスニン

 ナスニンはナスの皮に多い青紫の色素成分。抗酸化力が強い。悪玉のLDLコレステロールを下げ、善玉のHDLコレステロールを上げる効果が認められている。アントシアニンの一種。
▲先頭へ戻る

難消化性デキストリン

 難消化性デキストリンはトウモロコシででんぷんから作られる水溶性の食物繊維。整腸作用と血糖上昇の抑制効果がある。難消化性デキストリンを配合した飲料やデザートなどが「おなかの調子を整える」または「血糖値が気になり始めた方に適する」というトクホ(特定保健用食品)表示の許可を厚生労働省から取得している。目安量は4~10g(1日あたりまたは1食あたり)。さらには血清コレステロールや中性脂肪を低下させる効果も確認されている。
▲先頭へ戻る

ビール酵母

 ビールの醸造に利用される酵母を乾燥させたもの。食物繊維を多く含む。粉末や錠剤がある。ビタミンB1やナイアシンなど、ビタミンB群を広く含み、ミネラルもカリウムやカルシウムが多く、亜鉛、マンガン、クロム、セレンなどの微量ミネラルも含む。コレステロールを下げる効果がヒト試験で確認されているほか、インスリンの急上昇を抑えて肥満対策にも役立つことがマウスの実験で認められている。特にビール酵母の細胞壁の成分については、骨密度上昇、抗アレルギー・腸管免疫増強、腎機能改善、ミネラル吸収促進などの作用が動物実験などで報告されている。
▲先頭へ戻る

紅コウジ

 紅コウジは中華料理や沖縄料理で用いられてきた紅色の麹(コウジ)。紅コウジの発酵液に、血中のコレステロール量を減らし、高脂血症を改善する成分が含まれていることが分かり、話題になった。紅コウジは高コレステロール血症の治療薬として広く利用されているスタチン系の医薬品(コレステロール降下剤)と類似の成分を含み、似たメカニズムで効果を発揮する。コレステロール降下剤との併用は避ける。また妊娠中や肝臓の悪い人は摂取しないほうがよいでしょう。
▲先頭へ戻る

もろみ酢

 もろみ酢は沖縄特産の焼酎、泡盛(あわもり)の副産物として作られるクエン酸飲料。もろみ酢は米と水、黒麹(くろこうじ)菌を合わせて発酵させ、お酒を搾った後に残る「もろみ」が原料。黒麹菌が発酵の過程で作り出すクエン酸が豊富。もろみ酢は酢酸を主成分とする食酢と違って、酸味成分(有機酸)の8割をクエン酸が占める。クエン酸は、エネルギーを作り出すTCA回路(クエン酸回路)を活性化し、疲労物質の乳酸をできにくくする。またもろみ酢は血圧やコレステロール値を下げたり、脂肪の合成を阻害するアミノ酸を、一般的な食酢の3~8倍含む。
▲先頭へ戻る

ラミナリン

 ラミナリンはコンブなどの海藻の多い多糖類。水溶性の食物繊維で、便秘などを改善する作用や、コレステロールを下げる作用があると考えられている。
▲先頭へ戻る

リノール酸

 リノール酸は、大豆油、コーン油、ゴマ油などに多く含まれる必須脂肪酸の一つ。コレステロール値を下げる作用がある。炭素数18、二重結合数2の多価不飽和脂肪酸。オメガ6系と呼ばれるグループを代表する脂肪酸。
▲先頭へ戻る

« 骨粗しょう症を予防・改善する | あるある健康大百科「サプリメント・健康食品編」トップページ | 高血圧を予防・改善する »