過敏性腸症候群を改善する:あるある健康大百科「サプリメント・健康食品編」

« 貧血を解消する | あるある健康大百科「サプリメント・健康食品編」トップページ | 関節痛を和らげる »

過敏性腸症候群を改善する

カモミール

 学名Matricarina recutia。カモミールは医療用ハーブとして古くから利用されているヨーロッパ原産のキク科植物で、ドイツでは医薬品扱い。カモミールの語源はギリシャ語で「地上のりんご」。カモミールはフランス語読みで、オランダ語のカミツレとも呼ばれる。花が開ききる前に摘んで乾燥させたドライハーブをハーブティーとして楽しむほか、精油も商品化されている。

 カモミールには興奮を鎮める鎮痛作用、眠りを促す催眠作用というリラックス効果があり、腹痛を和らげて下痢や便秘を改善する。粘膜や皮膚の炎症を鎮めて痛みを和らげる消炎鎮痛作用もあり、カゼの初期ののどや鼻の痛みに効く。乾燥肌やかゆみ、口臭の予防にもいい。
▲先頭へ戻る

乳酸菌

 乳酸菌は発酵で乳酸を作る細菌の総称。ヨーグルトや漬物など発酵食品に多く含まれる。乳酸菌の中には、腸の中にすむものもあり、腸の中で健康に役立つ働きをしていることから、善玉菌に分類される。乳酸菌は便通や便臭の改善という整腸作用のほか、免疫力の向上、抗がん作用、アレルギーの抑制など幅広い効果が報告されている。こららの健康効果は乳酸菌の種類や株によって強さが異なる。ヨーグルトなどの商品では、用いている乳酸菌の種類・株の名称を大きく表示したものが増えている。
▲先頭へ戻る

キャラウェイ

 キャラウェイ。和名はヒメウイキョウ。セリ科の二年草で、育てやすく人気のあるハーブの一つ。紀元前から香辛料や薬用植物として重用されてきた。キャラウェイの葉や種子を料理の香り付けに使うほか、種子は薬用にもなる。香辛料としては、特にドイツ料理によく使われており、ザワークラウト(キャベツの酢漬け)には欠かせないスパイスだ。キャラウェイの種子には健胃作用があるとされ、精油(ペパーミントの精油との混合物を腸で溶けるカプセルに入れたもの)は、厳密な臨床試験で過敏性腸症候群(IBS)の症状を和らげる効果が確かめられている。
▲先頭へ戻る

« 貧血を解消する | あるある健康大百科「サプリメント・健康食品編」トップページ | 関節痛を和らげる »