花粉症を抑える:あるある健康大百科「サプリメント・健康食品編」

« 膣炎の症状を緩和する | あるある健康大百科「サプリメント・健康食品編」トップページ | 虫歯を予防・改善する »

花粉症を抑える

エイコサペンタエン酸(EPA)

 エイコサペンタエン酸は、魚油に含まれる成分で、健康にいいオメガ3系の多価不飽和脂肪酸の一つ。EPAと略記される。血液をサラサラにして動脈硬化などを防ぎ、アドピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー症状を改善するなど、ドコサヘキサエン酸(DHA)と同じく、幅広い効用があるとみられている。エイコサペンタエン酸は青魚に多く含まれる。一部は体内でDHAに変換される。エイコサペンタエン酸EPAを安定化したEPAエチルは日本では医薬品として利用され、血小板の凝集抑制、血清脂質の低下、動脈の伸展性保持の作用が確認されている。イコサペンタエン酸(IPA)と呼ぶこともある。
▲先頭へ戻る

ドコサヘキサエン酸

 ドコサヘキサエン酸は魚油に含まれる成分で、健康にいいオメガ3系の多価不飽和脂肪酸の一つ。DHAと略記される。脂肪や悪玉コレステロールを下げて高脂血症、血圧を下げて高血圧を防ぐ、アドピーや花粉症などのアレルギー疾患を防ぐ、視力の向上、躁うつ病やうつ病、痴ほうを改善する、抗がん作用など、幅広い効用があるとみられている。1日1食、100gの魚を食べると十分量のDHAをとれるという。サプリメントの場合は、1日の摂取量の目安は500mg。具体的な症状があったり、健康不安が強いときは、1~1.5gとるとよい。
▲先頭へ戻る

エルダーフラワー

 エルダーフラワー。和名はセイヨウニワトコ。ヨーロッパ原産で、森や荒地に生育する。花の部分を使ったハーブティーや、カプセルタイプのサプリメントなどがある。エルダーフラワーはカゼやインフルエンザ、花粉症などのアレルギー症状の緩和に役立つとされる。
▲先頭へ戻る

ティートリー

 ティーツリーのこと。オーストラリア原産のフトモモ科の亜高木。葉から抽出した精油がアロマセラピーに用いられる。殺菌力が強く、カゼでのどが痛いとき、コップ1杯の水かぬるま湯に精油を1~2滴垂らしてうがいをすると、痛みが軽減する。水虫には、希釈オイルで10%濃度に薄めたものを塗ると治りが早い。抗炎症作用、免疫機能を高める働きもあることから、花粉症の症状緩和にも効果がある。
▲先頭へ戻る

ペパーミント

 ペパーミント。シソ科の植物。和名はセイヨウハッカ。胃酸を増やして消化機能を整える働きがある。ペパーミントの有効成分はメンソールで、清涼感のある香り。ガムやアメの香料としてもおなじみである。精油成分は、頭痛や凝り対策のアロマセラピーにも用いられる。この精油成分を抽出した後に残る部分には、ポリフェノールが豊富に含まれている。このミントポリフェノールは、花粉症などのアレルギー症状を抑える働きを持つ。
▲先頭へ戻る

アイブライト

 アイブライト。和名はヤクヨウコゴメグサ。ヨーロッパ原生、ゴマノハグサ科の一年草。アイブライトはその名の通り、目の症状に使われるハーブ。アイブライトには充血や粘膜の炎症を取る作用があり、疲れ目やアレルギーによる目のかゆみに効果がある。花粉症対策のサプリメントでは、ネトルと組み合わせた商品が多い。
▲先頭へ戻る

青みかん

 青みかんとは未熟な温州ミカンを指す。青くて未熟なミカンほど、ポロフェノールやヘスペリジンの含有量が多く、くしゃみや鼻水といったアレルギー症状を引き起こすヒスタミンの遊離を阻害する効果が高いと報告されている。青みかんを丸ごと粉末にしたサプリメントがある。
▲先頭へ戻る

FK-23菌

 FK-23菌。乳酸菌の一種であるフェカリス菌を特殊処理して有効成分を抽出したもの。LFKともいう。整腸作用のほか、血圧降下、花粉症などのアレルギー体質の改善作用がヒト試験で確認されている。FK-23菌が含まれる商品は、ニチニチ製薬の「チサアレジ」など。「チサアレジ」は1包(2g)にFK-23菌を約1兆個含む。1日目安量は1~3包。
▲先頭へ戻る

L-92乳酸菌

 L-92乳酸菌はプロバイオティクス効果のある乳酸菌。L-92乳酸菌は整腸作用のほか、花粉症の症状を緩和する働きがヒト試験で確認されている。L-92乳酸菌を含む商品は、カルピスの「インターバランス」シリーズなど。「インターバランスL-92乳酸菌濃縮タイプ」は、原液30ml(1杯分)にL-92乳酸菌を330億個以上含む。
▲先頭へ戻る

カキの葉

 カキの葉は文字通り、カキの葉のこと。カキの葉の生葉100gの中には1gのビタミンCが含まれており、ビタミンCの補給源としてお茶に加工される。また、フラボノイドの一種「アストラガリン」を含んでおり、アレルギー症状を抑える効果が確認されている。
▲先頭へ戻る

KW乳酸菌

 KW乳酸菌。プロバイオティクス効果のある乳酸菌。KW乳酸菌は花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー体質を改善する効果が、臨床試験で確認されている。KW乳酸菌を含む商品は、キリンウェルフーズの「キリンノアレ」など。「キリンノアレ」はタブレット1粒にKW乳酸菌を約500億個含む。
▲先頭へ戻る

ケルセチン

 ケルセチンはタマネギや緑茶、りんごなどに多く含まれる水溶性の黄褐色の色素成分。ケルセチンはプロポリスやイチョウ葉エキスの薬効成分の一つでもある。いわゆるポリフェノールの一つで、抗酸化作用や抗炎症作用が強い。末梢血管を強くするのみ薬や、ぜんそくや花粉症などを抑えるのみ薬に配合されている。2001年には日本でもサプリメントへの配合が解禁になった。摂取目安量は1日250~500mg。
▲先頭へ戻る

黄杞茶(こうきちゃ)

 黄杞茶は中国南部の広東省などの山中に自生する、クルミ科の常緑高木である黄杞の葉が原料のお茶。ほのかな甘みがあり、昔から甘茶と称され引用されてきた。体脂肪の分解を促すサイクリックAMPの働きを強めるダイエット作用や、抗アレルギー作用などがある。有効成分としてポロフェノールの一種アスチルビンが知られる。
▲先頭へ戻る

シソ

 シソ。花粉症などのアレルギー症状を抑えるサプリメントに配合される。シソの葉や種子に含まれるポリフェノールが、鼻水やくしゃみを引き起こすアレルギー物質のヒスタミン、鼻づまりの原因となるアレルギー物質のロイコトリエンの生成を同時に抑える。また、シソの種子から取れる油に含まれるαリノレン酸にも、ロイコトリエンの生成を抑える作用がある。シソの葉エキスなら400mg、シソの種子の油なら150~450mg、症状が出る2~3週間からのみはじめるとよい。
▲先頭へ戻る

しょうゆ多糖類

 しょうゆの製造過程で生成する多糖類。1日600mgの摂取で、通年性アレルギーや花粉症の症状を和らげる効果が確認されている。600mgのしょうゆ多糖類を摂取するには、生しょうゆ約60mlが必要。含まれる塩分を考えると、有効量をしょうゆからとり続けるのは難しい。そこで、塩分を除いたしょうゆ多糖類のサプリメントを、ヒガシマル醤油が商品化した。
▲先頭へ戻る

セイヨウフキ

 セイヨウフキはキク科の多年草。英名はバターバー。地下茎から抽出したペタシンという成分が、鼻づまりの原因となるアレルギー物質、ロイコトリエンの働きを抑える。抗アレルギー薬と同等の効果があり、眠くなりにくいという研究報告が、2002年に英医学誌「British Medical Journal」に発表された。花粉症をはじめとするアレルギー対策に利用される。またドイツでは、20年以上前から偏頭痛の薬として販売されている。膀胱の機能を整え、頻尿や残尿感といった排尿トラブルを解消する作用もある。いずれも、ペタシンの抗炎症作用によるものと考えられる。
▲先頭へ戻る

甜茶(てんちゃ)

 甜茶は中国南部原産のバラ科の茶葉。甜茶という名前の通り、ほんおり甘い味がする。甜茶に含まれるポリフェノールは、アレルギーの原因物質であるヒスタミンの生成を抑える。お茶や抽出エキスは、花粉症対策サプリメントの代表格となっている。1日量は抽出エキスで120mg以上。400mg程度まで摂取量を増やすと、さらに効果的とされる。
▲先頭へ戻る

凍頂烏龍茶

 凍頂烏龍茶は台湾中部にある凍頂山で収穫されているウーロン茶。凍頂烏龍茶は他のウーロン茶より発酵度が低く焙煎が浅いため、緑茶に近い感じで、花のような香りと芳醇な味が特徴。凍頂烏龍茶にはアレルギー抑制効果が高いメチル化カテキンを多く含むため、花粉症対策の飲料としても注目されている。
▲先頭へ戻る

ナリンゲニンカルコン

 ナリンゲニンカルコンはトマト特有のポリフェノール。トマトジュースやケチャップなどの原料になる、加工用トマトの皮に多く含まれる。アレルギーの原因物質であるヒスタミンの生成を抑える働きを持つ。ナリンゲニンカルコンを含むトマト抽出物は、花粉症対策のサプリメントの成分として利用される。サプリメントの1日目安量(トマト抽出量360mg)に含まれるナリンゲニンカルコンをとるには、加工用トマトで10~20個、プチトマトで60個程度必要。
▲先頭へ戻る

ネトル

 ネトルは、ヨーロッパ、アジア原産のイラクサ科の多年草。和名はセイヨウイラクサ。アレルギー反応の第1ステップとなる抗体(IgE)の過剰な生成を抑える。花粉症対策サプリメントの代表格の一つ。鉄分や葉緑素も豊富に含む。1日にエキス量で600~900mgを、亜k分gあ飛び始める1~2週間前からのむといいとされる。葉や茎、花の乾燥粉末や、チンキタイプのサプリメントがある。
▲先頭へ戻る

バラ花びら抽出物

 バラの花びらを、熱水で抽出したエキス分。ポリフェノールの一種「オイゲニイン」を含み、アレルギー改善作用が認められている。花粉症対策のサプリメントに配合される。
▲先頭へ戻る

パンプキンシード

 パンプキンシードは、ウリ科かぼちゃ属の西洋カボチャの種。女性の頻尿、失禁を和らげる。1日にエキス量で525mgを目安にとる。3ヶ月程度で効果を実感できるとされる。花粉症などのアレルギーを抑える効果、高脂血症や高血圧を改善する効果の研究も進められている。
▲先頭へ戻る

フキ

 日本の食用フキのこと。フキノン、フキノール酸、クロロゲン酸といったポリフェノール類を含む。試験管の実験では、このフキから抽出したフキエキスが、バターバー(西洋フキ)と同じように、鼻づまりの原因となるアレルギー物質、ロイコトリエンの働きを抑えることが確認された。ヒト試験では、アレルギー症状が和らぐ傾向にあったという報告がある。
▲先頭へ戻る

ミント・ポリフェノール

 ミント・ポリフェノールとはペパーミントの葉から精油成分を抽出したあとに残る部分に含まれるポリフェノール。アレルギーの原因物質であるヒスタミンの生成を抑える働きを持つ。ミント・ポリフェノールを含むペパーミント抽出物には、花粉症による鼻水や鼻づまりといった鼻炎の症状を緩和する働きがある。1日目安量の300mgは、ペパーミントの葉、約16枚分。
▲先頭へ戻る

ルテオリン

 ルテオリンは植物のポリフェノール成分の一つであるフラボノイドに属する黄色色素。ルテオリンはシソやミント、ローズマリーなどのシソ科植物や、マメ科の落花生などに多い。抗酸化力が強い。ルテオリンを含むシソ抽出物は、アレルギーを抑制する作用を持ち、花粉症を抑制する効果がヒトで確認されている。
▲先頭へ戻る

ロスマリン酸

 ロズマリン酸ともいう。植物のポリフェノール成分の一つであるフラボノイドに属する物質。シソやローズマリーなどのシソ科植物などに多い。抗酸化力が強い。ロスマリン酸を含むシソ抽出物は、アレルギーを抑制する作用を持ち、花粉症を抑制する効果がヒトで確認されている。ロスマリン酸は抗酸化パワーで肌を保護する作用もあり、化粧品に配合されている。
▲先頭へ戻る

« 膣炎の症状を緩和する | あるある健康大百科「サプリメント・健康食品編」トップページ | 虫歯を予防・改善する »