神経痛を和らげる:あるある健康大百科「サプリメント・健康食品編」

« 神経症を緩和する | あるある健康大百科「サプリメント・健康食品編」トップページ | 糖尿病を予防・改善する »

神経痛を和らげる

ムイラプアマ

 ムイラプアマはアマゾンの熱帯雨林に原生する薬草。キンモクセイのような香り。現地では、樹皮が胃腸を強くするお茶として、樹皮や根から取ったエキスがマッサージ薬や入浴剤として使われる。強壮作用で知られ、栄養ドリンクに配合される。また、うつや神経痛、月経痛、月経前症候群の諸症状にも効果がある。有効成分は、ムイラプアマだけに含まれる特殊な成分「ムイアラプアミン」と考えられている。
▲先頭へ戻る

キャッツクロー

 キャッツクローはアカネ科のツル植物で、アマゾン地域に自生する。葉の付け根部分にネコの爪のような形をした太いトゲがあることから、「キャッツクロー(ネコの爪)」という名が付いた。キャッツクローの樹皮に含まれるアルカロイド類に、痛風やリウマチ、神経痛、偏頭痛などを抑える抗炎症作用や、免疫力を高める作用があるとされる。アフリカ原産のデビルズクロー(悪魔の爪)も同様の働きを持つ。
▲先頭へ戻る

« 神経症を緩和する | あるある健康大百科「サプリメント・健康食品編」トップページ | 糖尿病を予防・改善する »