発熱を抑える:あるある健康大百科「サプリメント・健康食品編」

« 痛風を緩和する | あるある健康大百科「サプリメント・健康食品編」トップページ | 目の機能を高める »

発熱を抑える

エフェドラ

 エフェドラ。中国名は麻黄(まおう)。中国からモンゴルにかけて自生するマオウ科の植物の茎を乾燥させたもの。サプリメントは化学的に合成したものが使われてきた。かつて米国で、減量、筋肉増強、エネルギーアップ、気持ちをハイにするなどの効用を持つハーブ・サプリメントとして人気を博したが、服用後の死亡事故などが続発したため、2004年4月、FDA(米食品医薬品局)は全米でサプリメントとしての販売を禁止している。なお麻黄は、鎮咳(ちんがい)、解熱、発刊作用を持つ生薬として漢方薬に配合されている。用法用量を守れば問題はない。
▲先頭へ戻る

セージ

 セージ。和名サルビア。シソ科の多年草。強い殺菌力を持ち、発熱やのどの痛み、痰がからむといったカゼの諸症状を抑える作用を持つ。ハーブティーのほか、乾燥粉末のサプリメント、花や茎葉から抽出した精油などがある。女性ホルモン様作用も持ち、月経不順や更年期障害にも効果があるとされる。香りと苦味には、食欲を出し、消化酵素を活発にする作用がある。消化不良、下痢、おなかの張り、吐き気など、胃腸の調子が悪いときの利用にも向く。
▲先頭へ戻る

ホワイトウィロウ

 ホワイトウィロウは中央~南ヨーロッパ、北米に育つ高さ25m程度の樹木。和名はセイヨウシロヤナギ。樹皮の抽出エキスがサプリメントに使われる。ホワイトウィロウは解熱・鎮痛作用があり、古くから民間療法に使われてきた。頭痛薬として定番のアスピリンは、ホワイトウィロウに含まれるサリシンをもとに作られたのが始まり。アスピリンに比べると効き目は穏やかだが、胃が荒れるといった副作用はない。
▲先頭へ戻る

アメリカニンジン

 アメリカニンジンは自生するジンセンの一種。熱を下げ、消火器の機能を改善する作用がある。
▲先頭へ戻る

« 痛風を緩和する | あるある健康大百科「サプリメント・健康食品編」トップページ | 目の機能を高める »