物忘れがひどい時:あるある健康大百科「サプリメント・健康食品編」

« 水虫に効果がある | あるある健康大百科「サプリメント・健康食品編」トップページ | 疲労回復に役立つ »

物忘れがひどい時

ドコサヘキサエン酸

 ドコサヘキサエン酸は魚油に含まれる成分で、健康にいいオメガ3系の多価不飽和脂肪酸の一つ。DHAと略記される。脂肪や悪玉コレステロールを下げて高脂血症、血圧を下げて高血圧を防ぐ、アドピーや花粉症などのアレルギー疾患を防ぐ、視力の向上、躁うつ病やうつ病、痴ほうを改善する、抗がん作用など、幅広い効用があるとみられている。1日1食、100gの魚を食べると十分量のDHAをとれるという。サプリメントの場合は、1日の摂取量の目安は500mg。具体的な症状があったり、健康不安が強いときは、1~1.5gとるとよい。
▲先頭へ戻る

発芽玄米

 発芽玄米は玄米を水につけ、わずかに発芽させた米。発芽状態にして胚芽の酵素を活性化させることにより、玄米の健康機能が高まっている。イライラを緩和して血圧を下げるギャバ(γアミノ酪酸)は玄米の3倍(白米の10倍)に増えている。その一方で、アレルギーの原因となるアレルゲンたんぱく質の量は大幅に減少している。ビタミンやミネラル、ポリフェノールなどの健康成分は玄米と同等量を含む。

 ヒトを対象にした試験によって食後の血糖値の上昇を緩やかにし、ダイエットや高脂血症、高血圧、アトピー性皮膚炎を改善する効果を発揮することが認められている。さらにマウスの実験では、アルツハイマー病を予防する効果が認められた。発芽玄米は、当初、水分が多いウェットタイプが商品化されていたが、次いで、通常のお米と同じ程度に乾燥したドライタイプが登場し、より利用しやすくなった。
▲先頭へ戻る

イチョウ葉エキス

 イチョウ(学名Ginko biloba)の葉から抽出したエキス。ケルセチンやルチンなどのフラボノイドや、イチョウ葉特有の成分であるテルペン類のギンコライドなど、様々な成分を含む。

 厳密な臨床試験で、年を取ることによる記憶力の衰えや、初期のアルツハイマー病の進化を遅くする効果が認められている。フラボノイドやテルペン類の含有量を一定にし、アレルギーの原因となるギンコール酸を一定量以下にするよう品質管理された製品が、ドイツなどでは医薬品として販売されている。
▲先頭へ戻る

レシチン

 レシチンは脳や神経組織の細胞膜に含まれるリン脂質のうち、30~50%を占める成分。食品では大豆や卵黄、食肉などに含まれている。厳密にはホスファチジルコリン(PC)のことだが、サプリメントなどで「レシチン」と表記されている場合は、PCを10~20%含むリン脂質混合物を指すことが多い。体内で神経伝達物質のアセチルコリンの原料になる。高ホモシステイン血症や肝硬変などを改善するとの報告があり、アルツハイマー病や肝炎、高コレステロール血症の改善作用が期待されている。
▲先頭へ戻る

バコパ

 バコパはインドの伝統医学、アーユルベーダで処方されるハーブ。記憶力や学習能力を向上させる働きを持つとされる。有効成分はバコパ特有の「バコパサイト」という成分。脳に入るための関所となる血液脳関門を通り抜けて、脳内で抗酸化作用を発揮する。不眠症や不安症といった精神的不調や、注意力や落ち着きがなくなる子供の病気、ADHA(注意欠陥/多動性障害)にも効くとされている。
▲先頭へ戻る

オメガ3

 オメガ3は健康にいい油として注目されている脂肪酸成分のグループの一つ。魚油に多く含まれるドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA)、亜麻仁油(あまにゆ)やシソ油などの植物油に多く含まれるαリノレン酸が、オメガ3に分類される。オメガ3は低温でもサラサラの性質を持つため、血液の流れをよくして動脈硬化などを防ぐ、脳細胞の膜を軟らかくして記憶力を高める、中性脂肪を減らす、高血圧を下げる、アレルギーを抑制するなど幅広い効用が見つかっている。日本人のオメガ3食事摂取基準(2005年版)では、成人男性(30~49歳)の1日の目標量が2.6g以上、成人女性(30~49歳)は1日の目標量2.2g以上。
▲先頭へ戻る

ビンカミン

 ビンカミンヨーロッパ原産のキョウチクトウ科の多年草(和名はヒメツルニチニチソウ)から抽出した成分。脳内の血流を改善し、記憶力・集中力を上げるとされる。
▲先頭へ戻る

イワベンケイ

 イワベンケイはベンケイソウ科の高山植物。イワベンケイはヨーロッパやアジアでは、肉体的・精神的な疲労回復のための民間療法に使われてきた。イワベンケイには認知力や記憶力を上げる作用もある。ロサビンズ、サリドロサイドという二つの有効成分を、それぞれ3%、1%含むエキスが効果的という人試験の結果がある。
▲先頭へ戻る

ガラナ

 ガラナはアマゾン川流域原産の蔓植物。ムクロジ科ガラナ属に分類される。ガラナの種子にカフェインに似た働きを持つ成分が多く含まれていて、滋養強壮、疲労回復に効果がある。最近ではガラナの中の成分のカテキン類がアルツハイマー病の改善に有効という報告もある。
▲先頭へ戻る

エゾウコギ

 エゾウコギはシベリアニンジンの和名。チョウセンニンジンと同じウコギ科の植物。エゾウコギはシベリアや中国東北部、北海道などに自生する。エゾウコギの主成分はエレウテロシドと呼ばれる物質。抵抗力を増し、精神を安定させてストレスや病気に耐える体を作る。脳機能を活性化する作用もあるとされる。
▲先頭へ戻る

ホスファチジルセリン

 ホスファチジルセリンは脳や神経組織の細胞膜に多く含まれているリン脂質。PSと略記される。細胞膜の情報伝達を担うホスファチジルイノシトールの代謝にかかわっており、神経細胞の情報伝達を円滑にする。

 ウシの脳から抽出したPSを使った、厳密な臨床試験で、アルツハイマー病など加齢による痴ほうの進行を遅くする効果が確かめられている。ただし、狂牛病(ウシ海綿状脳症=BSE)の感染リスクを避けるため、サプリメントに配合されているのは大豆から取ったPSである。病気に感染する心配はないが、ウシ由来のPSとは構造が違うため、同じ作用は期待できないとも考えられている。
▲先頭へ戻る

アラキドン酸

 アラキドン酸は鶏卵や牛肉・豚レバーなどに含まれている必須不飽和脂肪酸。アラキドン酸は母乳にも含まれ、脳の機能に重要な脂肪酸だが、加齢とともに次第に減少する。アラキドン酸については学習・記憶能力の低下改善や高齢者の認知応答改善、日内リズムの是正などの健康機能がサントリーなどの研究により明らかになりつつある。オメガ6に属する。
▲先頭へ戻る

ヒューパジンA

 ヒューパジンAとは日本や中国などに自生しているシダ科植物のヒューパジア(和名ホソバトウゲシバ)に含まれる成分。脳で働く神経伝達物質、アセチルコリンの分解を妨げる効果がある。小規模・短期間で、アルツハイマー病の症状が改善する効果が報告されており、サプリメントとして入手できる。
▲先頭へ戻る

« 水虫に効果がある | あるある健康大百科「サプリメント・健康食品編」トップページ | 疲労回復に役立つ »