歯周病を予防・改善する:あるある健康大百科「サプリメント・健康食品編」

« 月経痛を和らげる | あるある健康大百科「サプリメント・健康食品編」トップページ | 水虫に効果がある »

歯周病を予防・改善する

カモミール

 学名Matricarina recutia。カモミールは医療用ハーブとして古くから利用されているヨーロッパ原産のキク科植物で、ドイツでは医薬品扱い。カモミールの語源はギリシャ語で「地上のりんご」。

 カモミールはフランス語読みで、オランダ語のカミツレとも呼ばれる。花が開ききる前に摘んで乾燥させたドライハーブをハーブティーとして楽しむほか、精油も商品化されている。カモミールには興奮を鎮める鎮痛作用、眠りを促す催眠作用というリラックス効果があり、腹痛を和らげて下痢や便秘を改善する。粘膜や皮膚の炎症を鎮めて痛みを和らげる消炎鎮痛作用もあり、カゼの初期ののどや鼻の痛みに効く。乾燥肌やかゆみ、口臭の予防にもいい。
▲先頭へ戻る

カテキン

 カテキンは緑茶の渋み成分。緑茶葉の乾燥重量の10~20%を占める。カテキンはポリフェノールの一種で、抗酸化力が強い。カテキンには体脂肪を減らす作用に注目が集まっている。また、お茶をたくさん飲む地域では胃がんの発生率が低いことが知られており、カテキンのがん予防効果を検証する研究が日米で進んでいる。

 またカテキンは口臭予防や胃潰瘍なの原因となるピロリ菌を減らす作用もある。体脂肪を減らすための1日の摂取目安量は、カテキン500~600mg程度。およそ普通の緑茶10杯分に相当する。
▲先頭へ戻る

クランベリー

 学名Vaccinium macrocarponなど。クランベリーはツツジ科ツルコケモモ属の果樹。果実は直径1cmほどの大きさで、深紅色をしている。クランベリーには尿路感染症の改善効果があり、医療の現場でも利用されている。抗酸化力が強く、動脈硬化を防ぐ。クランベリーは歯周病を予防する効果や胃のピロリ菌を減らす効果も注目されている。
▲先頭へ戻る

緑茶

 カテキンやテアニンといった成分を含む健康飲料として人気。カテキンは緑茶の渋み成分。緑茶葉の乾燥重量の10~20%を占める。ポリフェノールの一種で、抗酸化力が強い。体脂肪を減らす作用に注目が集まっている。また、お茶をたくさん飲む地域では胃がんの発生率が低いことが知られており、カテキンのがん予防効果を検証する研究が日米で進んでいる。口臭予防や胃潰瘍なの原因となるピロリ菌を減らす作用もある。体脂肪を減らすための1日の摂取目安量は、カテキン500~600mg程度。およそ普通の緑茶10杯分に相当する。

 テアニンは、緑茶のうまみ成分であるアミノ酸の一種。自律神経系をリラックスさせる働きがある。200mgのテアニンを飲むと、リラックスの指標となる脳波のα波が引き出されることが確認されている。就寝前に飲めば寝つきがよくなり、睡眠の質(中途覚醒や起床時の疲労感の有無)も改善される。集中力アップ効果、月経周期に関連する不調や更年期障害の改善効果もある。テアニン200mgは煎茶20杯分に相当。熱湯で抽出するとカテキンが低温で抽出するとテアニンが豊富なお茶になる。
▲先頭へ戻る

マスティックガム

 マスティックガムはギリシャに自生しているマスティックの木(和名コショウボク)の樹液を加工したもの。抗菌作用や抗炎症作用があるとされ、ギリシャでは古くから口臭予防などに使われてきた。

 1998年に、マスティックガムが胃がんの原因になるピロリ菌を抑制すると発表され、日本でも一躍ブームになった。その後、カゼの予防や歯垢の付着予防などに効くとする研究結果が発表されたが、ピロリ菌の抑制効果に関しては、否定する研究結果が複数報告されている。
▲先頭へ戻る

クロロフィル

 クロロフィルは野菜や海藻など、光合成を行う生物にある緑色の色素。葉緑素ともいう。抗炎症作用や抗酸化作用がある。伝統的には、口臭の予防や便秘の改善、あるいは赤血球の色素と構造が似ていることから貧血の治療に使われてきたが、効果のほどは不明。野菜などをあまり食べない人では不足するが、クロロフィルの不足や欠乏で起こる病気は知られていない。
▲先頭へ戻る

クローブ

 クローブ。和名は丁子(ちょうじ)。丁字とも書く。クローブはフトモモ科の常緑木で、つぼみを香辛料として使うほか、薬用にもする。精油にオイゲノール、タンニンとしてオイゲニインを含む。

 バニラに似た香りと、山椒のような舌への刺激感が特徴で、カレーを作るときに使うミックススパイス「ガラムマサラ」に必ず入っている。クローブはヨーロッパでは口内炎・歯周炎の治療や、虫歯の痛み止めとして古くから使われており、ドイツでは医薬品として認められている。漢方ではしゃっくりを止める処方に配合されているほか、健医薬としても使われる。
▲先頭へ戻る

LS1菌

 LS1菌。プロバイオティクス効果のある乳酸菌。口内にもともとある善玉菌で、ヒト試験でジンジバリス菌などの歯周病菌を減らす作用が確認されている。LS1菌を含む商品は、フレンテの「クリッシュアルミパック」など。「クリッシュアルミパック」は、タブレット1粒にLS1菌を約560万個含む。
▲先頭へ戻る

カルダモン

 カルダモンはインドやグァテマラなどで広く栽培されているショウガ科植物。種子に強く複雑な香りがあり、肉類の臭みを消すスパイスとして料理に使われるほか、薬用にも使う。生薬としての呼び名は小豆蒄(ショウズク)。消化を助け、口臭を減らす働きがあるとされ、マウスウォッシュ(洗口液)やガムなどによく配合されている。
▲先頭へ戻る

パセリ

 パセリ。セリ科の二年草、イタリアンパセリがサプリメントに使われている。健胃、利尿、腎結石の予防や改善に効果がある。精油成分には、口臭を消す作用もある。
▲先頭へ戻る

« 月経痛を和らげる | あるある健康大百科「サプリメント・健康食品編」トップページ | 水虫に効果がある »