月経痛を和らげる:あるある健康大百科「サプリメント・健康食品編」

« 月経不順を改善する | あるある健康大百科「サプリメント・健康食品編」トップページ | 歯周病を予防・改善する »

月経痛を和らげる

γリノレン酸

 γリノレン酸はオメガ6系の多価不飽和脂肪酸。体内ではリノール酸から作られる。母乳の成分であるほか、月見草(メマツヨイグサ)など一部の植物種子に多く含まれる。月見草などの種子油や微生物で作ったγリノレン酸が使用されている。γリノレン酸はアトピー性皮膚炎を改善する効果があり、英国では医薬品として用いられている。1日340mgで月経前症候群(PMS)の症状を緩和したという報告もある。
▲先頭へ戻る

松樹皮ポリフェノール

 松樹皮ポリフェノールは松の樹皮から抽出したポリフェノール成分。産地や抽出方法の違いでピクノジュノール、フラバンジェノール、エンゾジノールといった商標名・商品名がついている。活性酸素を除去する抗酸化パワーが強力で、血流を改善する効果が高い。松樹皮ポリフェノールは関節痛や月経不順、注意力障害を改善する効果が報告され、冷え性やむくみの改善、肝臓の機能向上、中性脂肪の低下、美肌効果も確認が進んでいる。松樹皮ポリフェノールの主たる有効成分は、プロアントシアニジンと呼ばれるカテキンのオリゴマー(数個結合したもの)とされる。
▲先頭へ戻る

クラリセージ

 クラリセージ。花と葉から抽出した製油が、アロマセラピーに用いられる。甘いナッツのような香りで、鎮静、鎮痙作用を持つ。月経前症候群や月経痛、生理不順を解消するマッサージオイルにも使われる。
▲先頭へ戻る

ブラックコホシュ

 ブラックコホシュ。別名ラケモサ。北米原産のキンポウゲ科サラシナショウマ属の多年草。ブラックコホシュは鎮痛・鎮静効果があることから、北米の先住民たちが民間療法に用いてきた。月経前症候群(PMS)や更年期障害の諸症状を和らげることから「女性の特効薬」として使われる。ブラックコホシュは即効性は期待できないが、1ヶ月以上飲み続けると効果を実感できるようである。
▲先頭へ戻る

ムイラプアマ

 ムイラプアマはアマゾンの熱帯雨林に原生する薬草。キンモクセイのような香り。現地では、樹皮が胃腸を強くするお茶として、樹皮や根から取ったエキスがマッサージ薬や入浴剤として使われる。強壮作用で知られ、栄養ドリンクに配合される。また、うつや神経痛、月経痛、月経前症候群の諸症状にも効果がある。有効成分は、ムイラプアマだけに含まれる特殊な成分「ムイアラプアミン」と考えられている。
▲先頭へ戻る

« 月経不順を改善する | あるある健康大百科「サプリメント・健康食品編」トップページ | 歯周病を予防・改善する »