月経不順を改善する:あるある健康大百科「サプリメント・健康食品編」

« 更年期障害を克服する | あるある健康大百科「サプリメント・健康食品編」トップページ | 月経痛を和らげる »

月経不順を改善する

ベンジルイソチオシアネート

 ベンジルイソチオシアネートはペルー原産のアブラナ科の植物、マカの有効成分と考えられる辛味成分。マカは、高度4000m級の高原地帯で栽培される。根菜類にしては、たんぱく質の含有量が高く、アミノ酸のバランスがいい。ビタミン・ミネラルも豊富で、鉄や亜鉛は他の根菜類の数倍から数十倍を含む。現地では、滋養強壮のための民間薬として使われてきた。

 乾燥粉末や抽出エキスがサプリメントとして用いられる。精力アップ効果で認知度を上げたが、不妊症や更年期障害、冷え、月経不順、肌荒れといった、ホルモンバランスの乱れからくる不調全般を改善する。
▲先頭へ戻る

マカ

 マカはペルー原産のアブラナ科の植物。高度4000m級の高原地帯で栽培される。根菜類にしては、たんぱく質の含有量が高く、アミノ酸のバランスがいい。ビタミン・ミネラルも豊富で、鉄や亜鉛は他の根菜類の数倍から数十倍を含む。

 現地では、滋養強壮のための民間薬として使われてきた。乾燥粉末や抽出エキスがサプリメントとして用いられる。有効成分は辛味成分のベンジルイソチオシアネート。精力アップ効果で認知度を上げたが、不妊症や更年期障害、冷え、月経不順、肌荒れといった、ホルモンバランスの乱れからくる不調全般を改善する。
▲先頭へ戻る

緑茶

 カテキンやテアニンといった成分を含む健康飲料として人気。カテキンは緑茶の渋み成分。緑茶葉の乾燥重量の10~20%を占める。ポリフェノールの一種で、抗酸化力が強い。体脂肪を減らす作用に注目が集まっている。また、お茶をたくさん飲む地域では胃がんの発生率が低いことが知られており、カテキンのがん予防効果を検証する研究が日米で進んでいる。口臭予防や胃潰瘍なの原因となるピロリ菌を減らす作用もある。体脂肪を減らすための1日の摂取目安量は、カテキン500~600mg程度。およそ普通の緑茶10杯分に相当する。

 テアニンは、緑茶のうまみ成分であるアミノ酸の一種。自律神経系をリラックスさせる働きがある。200mgのテアニンを飲むと、リラックスの指標となる脳波のα波が引き出されることが確認されている。就寝前に飲めば寝つきがよくなり、睡眠の質(中途覚醒や起床時の疲労感の有無)も改善される。集中力アップ効果、月経周期に関連する不調や更年期障害の改善効果もある。テアニン200mgは煎茶20杯分に相当。熱湯で抽出するとカテキンが低温で抽出するとテアニンが豊富なお茶になる。
▲先頭へ戻る

松樹皮ポリフェノール

 松樹皮ポリフェノールは松の樹皮から抽出したポリフェノール成分。産地や抽出方法の違いでピクノジュノール、フラバンジェノール、エンゾジノールといった商標名・商品名がついている。

 活性酸素を除去する抗酸化パワーが強力で、血流を改善する効果が高い。松樹皮ポリフェノールは関節痛や月経不順、注意力障害を改善する効果が報告され、冷え性やむくみの改善、肝臓の機能向上、中性脂肪の低下、美肌効果も確認が進んでいる。松樹皮ポリフェノールの主たる有効成分は、プロアントシアニジンと呼ばれるカテキンのオリゴマー(数個結合したもの)とされる。
▲先頭へ戻る

クラリセージ

 クラリセージ。花と葉から抽出した製油が、アロマセラピーに用いられる。甘いナッツのような香りで、鎮静、鎮痙作用を持つ。月経前症候群や月経痛、生理不順を解消するマッサージオイルにも使われる。
▲先頭へ戻る

セージ

 セージ。和名サルビア。シソ科の多年草。強い殺菌力を持ち、発熱やのどの痛み、痰がからむといったカゼの諸症状を抑える作用を持つ。ハーブティーのほか、乾燥粉末のサプリメント、花や茎葉から抽出した精油などがある。女性ホルモン様作用も持ち、月経不順や更年期障害にも効果があるとされる。香りと苦味には、食欲を出し、消化酵素を活発にする作用がある。消化不良、下痢、おなかの張り、吐き気など、胃腸の調子が悪いときの利用にも向く。
▲先頭へ戻る

チェストツリー

 チェストツリーは南ヨーロッパから中央アジアを原産とするクマツヅラ科の植物で、和名はイタリアニンジンボク。チェストベリーとも呼ばれる実のエキスは、女性ホルモンの一種、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌を促し、月経不順や月経前症候群を改善する。ドイツでは月経前症候群に伴う下腹部痛や頭痛、イライラ、乳房の張りなどの治療薬として認められている。
▲先頭へ戻る

テアニン

 テアニンは、緑茶のうまみ成分であるアミノ酸の一種。自律神経系をリラックスさせる働きがある。200mgのテアニンを飲むと、リラックスの指標となる脳波のα波が引き出されることが確認されている。就寝前に飲めば寝つきがよくなり、睡眠の質(中途覚醒や起床時の疲労感の有無)も改善される。集中力アップ効果、月経周期に関連する不調や更年期障害の改善効果もある。テアニン200mgは煎茶20杯分に相当。
▲先頭へ戻る

ローズ

 枝にトゲがあり、甘い香りの花を咲かせるバラ科の低木。薬用に使うのはガリカローズで、初夏に半八重の花をたくさん咲かせる。乾燥した花を煎じたハーブティーにはタンニンが含まれており、ドイツでは口内炎の治療に使う。精油は別の品種のバラから取るが、「精油の女王」とも呼ばれる豊かな香り。強壮作用などがあり、月経不順などを改善するほかスキンケアにも良いとされる。ただし非常に高価(2mlで約1万~2万円)である。
▲先頭へ戻る

« 更年期障害を克服する | あるある健康大百科「サプリメント・健康食品編」トップページ | 月経痛を和らげる »