動悸・心不全を抑える:あるある健康大百科「サプリメント・健康食品編」

« 前立腺の悩みを解消する | あるある健康大百科「サプリメント・健康食品編」トップページ | 動脈硬化・心筋梗塞を予防する »

動悸・心不全を抑える

Lカルニチン

 Lカルニチンは脂肪からエネルギーを取り出すために必要な成分。L体とD体という2種類の構造(光学異性体)があり、もともと体内に存在するL体のLカルニチンだけに健康効果がある。以前はビタミンBtと呼ばれた。食品では羊肉などの赤肉にたくさん含まれている。体内で、アミノ酸のリジンとメチオニンから合成されるため、普通は不足することはない。ただし、鉄とビタミンC、ナイアシン、ビタミンB6が足りないと、合成の効率が落ちるため不足することがある。また、妊娠中や授乳中は必要量が増える。

 狭心症や心不全などの心臓の病気の、症状を軽くする効果が臨床試験で確かめられている。2002年に、特にLカルニチン不足ではない人でもLカルニチンをとると体脂肪が燃えることが報告され、ダイエットに効く成分として大人気になった。日本では慢性胃炎などの治療薬として使われているが、2002年11月から食品に配合できることになり、さまざまな配合食品が販売されている。
▲先頭へ戻る

タウリン

 タウリンは魚肉や貝類に多く含まれているアミノ酸。イオウを含むアミノ酸である含硫アミノ酸の一つ。人体では筋肉や脾臓(ひぞう)、脳、骨髄などに多く存在する。

 タウリンは心筋の代謝を改善したり、肝細胞の賦活と胆汁酸分泌促進の両面から肝機能を改善する医薬品として利用されている。医薬品としての用量は1日1g×3回。このほかコレステロール貧血、肥満に対する効果も注目されている。
▲先頭へ戻る

セイヨウサンザシ

 セイヨウサンザシはヨーロッパ、北アフリカ、インド原産のバラ科の植物。主に実の部分の抽出エキスがサプリメントに利用される。心臓の筋肉を丈夫にする作用や、血流を良くして血圧を下げる作用を持つ。ヨーロッパでは心臓病の薬として古くから利用されてきた
▲先頭へ戻る

フォルスコリン

 フォルスコリンはインド原産のシソ科植物、コレウス・フォルスコリの根から抽出した薬用成分。コレウス・フォルスコリの根は、インドでは古くから心臓や肺の病気の治療に使われてきた。1970年代に、有効成分のフォルスコリンに心臓病(心不全)や喘息の治療効果があることがわかり、フォルスコリやフォルスコリンと似た構造を持つ化合物が、医薬品として使われるようになた。

 最近は「脂肪を分解して燃えやすくする」作用があるとして、ダイエット向け健康食品に配合されている。
▲先頭へ戻る

クレアチン

 クレアチンは肝臓などで作られて筋肉に貯蔵されている成分。筋肉ではリン酸塩(リン酸クレアチン)の形で蓄えられ、瞬発的に最大パワーを出すときに使われる。肉を食べればクレアチンを補給できるが、スポーツ選手にはサプリメントの人気が高い。

 クレアチンはバーベル挙げや短距離走などの瞬発力が必要なスポーツで、記録を上げ、疲労を減らす効果が確認されているが、持久的なスポーツや、スポーツを特に行わない人に対する効果は不明。なお、クレアチンは心不全(心臓の筋肉が弱る病気)の治療薬としても使われているが、これは注射薬なので、口から飲む市販のサプリメントの効果とは異なる。
▲先頭へ戻る

コエンザイムQ10

 コエンザイムQ10は細胞のミトコンドリアが、細胞のエネルギー物質であるアデノシン3リン酸(ATP)を作るのに欠かせない成分。CoQ10と略記する。CoQ10は生体内で作られるが、ATPの合成に伴って消耗するため、運動などによってATP産生が活発になると供給が間に合わなくなる。また加齢とともに、体内のCoQ10量が減少する。CoQ10は食事でも摂取できるが、通常は1日あたり5~10mg程度と、それほど多くない。

 不足しがちな人がCoQ10を補給すると心臓が元気になって持久力が高まり、むくみが改善する。CoQ10は日本では心不全の治療薬として利用されており、1日量は30mg。サプリメントで補給する目安量は1日30~100mg程度。経口摂取でシワが改善するなどの美肌効果も確認されている。CoQ10は酵母や藻類の培養などにより大量生産される。ユビキノン、補酵素Q10ともいう。
▲先頭へ戻る

« 前立腺の悩みを解消する | あるある健康大百科「サプリメント・健康食品編」トップページ | 動脈硬化・心筋梗塞を予防する »