狭心症の予防と改善:あるある健康大百科「生活習慣病編」

« 高血圧の予防と改善 | あるある健康大百科「生活習慣病編」トップページ | 心筋梗塞の予防と改善 »

狭心症の予防と改善

狭心症について

 狭心症は、心筋梗塞と合わせて、虚血性疾患と呼ばれます。心臓の筋肉に酸素や栄養を送る冠動脈が硬化して、血管内腔が狭くなるために、一時的に心筋の需要に対して血液の流れが不足する場合が狭心症です。特徴は、みずおちから左胸部にかけての、非常に不快な圧迫痛です。血流が回復すると、やがて痛みは消えていきます。
▲先頭へ戻る

狭心症の症状

 狭心痛の発作が繰り返して起こります。狭心痛は前胸部、あるいは左乳房の下方を中心に、左肩、左腕、左胸、みずおち、のどや背中などに圧迫されるような、あるいは行きが詰まるような鈍痛として感じられます。表面よりむしろ深く感じることが多く、数十秒ないし数十分持続してからよくなります。

 痛みはごく軽いものから強く鋭いものまでいろいろありますが、普通は持続的な痛みです。痛みの強さは強い発作では胸をかきむしるようにして苦しみ、呼吸困難を生じて、意識を失う場合もあります。
▲先頭へ戻る

狭心症発作のきっかけ

 狭心症が起こるきっかけとしては、急いで歩く、階段を上る、重い荷物を持つ、脈が速くなる、血圧が上がる、過食、排尿、排便、精神的興奮、過労、飲酒、喫煙、入浴などがあげられ、起床直後、朝、寒いときなどに起こりやすい傾向があります。
▲先頭へ戻る

狭心症の応急手当てについて

 応急手当てとしては、発作がおさまるまで、一番楽な姿勢で安静にします。イスにゆったり座る、前かがみになって座る、壁にもたれて手で支えて立つなど、それぞれに合う姿勢でよいでしょう。初めての発作の場合は、狭心痛がおさまっても数時間安静にして経過をみます。ニトログリセリンなどの発作を治す頓服薬があれば舌の下へ含んで溶かします。
▲先頭へ戻る

狭心症の治療

 狭心症の治療は、基本的には発作の治療と、予防によって発作を軽くし、回数を減らし、できれば発作をなくして心筋梗塞への移行を防ぐことを主眼にします。一般療法としては、狭くなった冠動脈の迂回路を増し、血流量が心臓の酸素需要に応じられるようにする目的で、適度の運動を行います。

 運動量として呼吸が苦しくならない適度のものを主治医に決めてもらいましょう。狭心症の発作が薬物療法で予防できない場合や、強い発作が繰り返し起こる場合には、大動脈と冠動脈をつなぐ冠動脈血行再建手術を受けるべき場合もあります。
▲先頭へ戻る

狭心症予防のための生活上の注意

 発作を誘発するような運動、過労、精神的ストレス、暴飲暴食を避け、規則正しい生活をします。体重をなるべく一定に保ち、発作の起こらない程度の運動と仕事をします。禁煙し、酒量を減らします。体重を一定に保つために食事量を調節し、肥満者は減量を心がけましょう。タンパク質を多くし、動物性の脂肪や塩辛い食事は努めて少なくします。
▲先頭へ戻る

狭心症発作の応急・予防薬と使い方

 狭心症の発作のときの応急薬、または発作の予防薬としては、硝酸・亜硝酸(ニトログリセリンなど)が効果を発揮します。硝酸・亜硝酸剤は静脈を拡張させて心臓への血液の戻りを減らし、血圧を下げ、同時に冠動脈を拡張させます。

 近年はより簡単なイソソルビドジニトレートや、難航なども使われています。これは胸や腹、大腿などの皮膚に塗るものです。ニトログリセリンのないときは、ウイスキーやブランデーを少量気つけ薬とします。水を飲ませたり、胸部湿布などが効くこともあります。

 硝酸・亜硝酸剤(ニトログリセリンなど)の使い方は、いざというときに1錠舌の下に差し入れます。発作中なら1分後には痛みがやわらぎ始め、2~3分以内にはおさまります。約30分間効果がありますが、飲み込むと効果がありません。舌下したときは座って後ろにもたれる姿勢がよく、舌下したまま頭を前にたらすと急に血圧が下がりすぎて倒れたりします。

 血圧が下がって意識が混濁したときは、足を高く上げて血流を心臓に戻します。ニトログリセリンの副作用としては頭痛や動悸があり、緑内障のある人には用いられません。
▲先頭へ戻る

狭心症に有効なサプリメント

 生活習慣の改善を十分に心がけ、サプリメントの補給をすればさらに効果的です。コレステロールが酸化し、血管壁に付着するのを避けるために、抗酸化作用のあるビタミンA,C,E,などを補給します。

 悪玉コレステロールのLDLの酸化を防ぐ赤ワインエキス、リコピン、体内で一部の成分がEPAに変換されるシソの実油、カルシウムが血管壁に沈着するのを抑えるマグネシウムなどがおすすめです。脂肪などの酸化を防ぐコエンザイムQ10、血液の流れをよくする EPA,DHA、心臓付近の血管を拡張させる作用がある田七人参なども効果が期待できます。
▲先頭へ戻る

« 高血圧の予防と改善 | あるある健康大百科「生活習慣病編」トップページ | 心筋梗塞の予防と改善 »