骨粗しょう症の予防と改善:あるある健康大百科「生活習慣病編」

« 歯周病の予防と改善 | あるある健康大百科「生活習慣病編」トップページ

骨粗しょう症の予防と改善

骨粗しょう症について

 骨粗しょう症は、女性が閉経を迎える50歳前後に、発症することが多い病気です。骨粗しょう症の人の骨は、骨組織内部にあるスポンジ状の骨量が減って、骨がスカスカになっています。こういう状態の骨は、もろく折れやすくなります。

 骨粗しょう症が50歳前後の女性に多い理由は、骨からカルシウムが脱灰していくのを抑制する作用がある女性ホルモンの分泌が閉経を境に減少するからです。それとは別に、年をとることに伴って骨量が減り、骨粗しょう症になることがあります。
▲先頭へ戻る

骨粗しょう症の原因

 骨粗しょう症の原因は、カルシウムやビタミンDの摂取不足、カルシウムを調整するホルモンの影響が挙げられます。骨密度は30歳あたりがピークで、それから少しずつ骨量が減少します。若いときにカルシウムをしっかりとるようにいわれるのはそのためです。

 また、骨密度を減少させる原因に過剰なダイエットがあります。栄養のバランスを無視したダイエットはカルシウムの不足と女性ホルモンの分泌異常を招きます。年齢が若くしてダイエットを始めた人ほど、骨密度が低いことが明らかになっています。
▲先頭へ戻る

骨粗しょう症の予防

 骨粗しょう症の予防の基本はカルシウムを摂ることですが、それだけでは十分ではありません。というのは、骨の形成にはタンパク質はビタミンDも関係しています。ですから、基本的には、各種の栄養素をバランスよくとることが大事です。

 カルシウムは1日700mg以上摂取することがすすめられています。また、野菜や骨量を増やすともいわれています。さらに、運動も骨量を増やしますので、ウオーキングも予防に役立ちます。
▲先頭へ戻る

骨粗しょう症の予防に有効なサプリメント

 骨は、コラーゲンというタンパク質と、リンやカルシウムなどのミネラルで作られています。これらのミネラルは、絶えず新しいものと入れ替わっているので補う必要があります。ビタミンDはカルシウムの吸収をよくし、じょうぶな骨を作りますが、過剰摂取には注意してください。

 イソフラボンは骨量減少の予防や増加作用が期待されています。
▲先頭へ戻る

« 歯周病の予防と改善 | あるある健康大百科「生活習慣病編」トップページ