歯周病の予防と改善:あるある健康大百科「生活習慣病編」

« 脳梗塞の予防と改善 | あるある健康大百科「生活習慣病編」トップページ | 骨粗しょう症の予防と改善 »

歯周病の予防と改善

歯周病について

 歯周病には歯肉炎と歯周炎があり、このうち、かつて歯槽膿漏と呼ばれたものが歯周炎です。歯肉炎も歯周炎も口の中の最近が原因で発症しますが、細菌の種類は異なります。歯肉炎はグラム陽性菌で、歯周炎はグラム陰性菌です。
▲先頭へ戻る

歯肉炎について

 歯肉炎とは歯周病の一つです。口の中を不潔にしておくと、食べ物のカスに細菌が繁殖し、歯垢がたまります。歯垢は歯磨きによって取り除くことができます。ところが、歯垢をつけたままだと歯石ができます。歯と歯肉の境目に歯垢や歯石がたまると、細菌が分泌する酵素によって歯肉が炎症を起こします。

 これが歯肉炎の始まりで、歯垢にはグラム陽性菌が繁殖しています。口の中がネバネバし、歯肉が赤く腫れ、歯を磨く時に出血します。
▲先頭へ戻る

歯周炎について

 歯周炎とは、歯周病の一つで、歯肉炎が悪化した場合の症状です。歯肉炎を放っておくと歯と歯の間の溝に歯垢や歯石がたまってきて、溝が深くなり、歯周ポケットを形成するようになります。歯周ポケット内の歯垢や歯石にはグラム陰性菌が繁殖しています。

 このグラム陰性菌は非常にタチが悪く、そのために体は免疫のシステムを駆使して戦います。歯周炎が進行すると歯を支えている骨が溶け、歯が抜けてしましますが、それは細菌と戦った結果なのです。歯周炎は治療をしても完全に治るのが難しい病気です。
▲先頭へ戻る

歯周病の原因

 歯周病は、口の中を不潔にしていたり、また抵抗力が落ちていたり細菌のバランスが崩れると、歯周病が発症するのです。糖尿病の人は合併症として歯周病になりやすく、歯周病が進行しやすいことが知られています。

 これは、糖尿病になると血行障害が起こり、免疫も低下することからです。さらには、糖尿病で血糖値が高い状態が続くと、歯周病が悪化しやすくなります。このほか、高脂血症や骨粗しょう症の人も歯周病になりやすく、また悪化しやすいと指摘されています。
▲先頭へ戻る

歯周病が原因で引き起こす病気

 口腔内の細菌は、全身のさまざまな病気を引き起こすことがあるとわかってきました。遠隔性リウマチや心筋炎、誤えん性肺炎などがあり、さらには心筋梗塞や脳卒中の原因になるという報告もあります。また、食道がんのがん組織に歯周炎の原因となる細菌が存在することも確認されています。
▲先頭へ戻る

歯周病の予防

 歯周病予防の第一は、毎日のブラッシング(歯磨き)にあります。歯垢や歯石は、細菌の温床になるので、食事のたびごとにブラッシングをして、歯と歯肉の境目の溝にたまった歯垢を取り除くようにしましょう。ブラッシングでは取り除けない部分は、定期的に歯科医院にかかって歯垢や歯石を取ってもらうようにします。

 また、よくかんでたべることは唾液の分泌を促します。唾液は虫歯や歯周病の原因になる細菌の繁殖を防ぎます。免疫が低下すると発症したり、悪化しやすいので、免疫を落とさない生活を心がけることが大事です。
▲先頭へ戻る

« 脳梗塞の予防と改善 | あるある健康大百科「生活習慣病編」トップページ | 骨粗しょう症の予防と改善 »