脳梗塞の予防と改善:あるある健康大百科「生活習慣病編」

« がんの種類と予防と改善 | あるある健康大百科「生活習慣病編」トップページ | 歯周病の予防と改善 »

脳梗塞の予防と改善

脳卒中について

 脳卒中とは、大事な脳の血管が切れたり、詰まったりする病気のことです。脳出血(脳内出血)、脳梗塞などの脳血管疾患を総称して、脳卒中と呼んでいます。昭和40年代から死亡率は下がってきましたが、現在も死亡原因の3位にあります。

 また、死亡率は下がってきていますが、患者数はむしろ増加しています。脳卒中で一度倒れると、後遺症が残り社会生活が困難になる場合もあります。さらに痴呆症に発症にも関係してくることからも、予防が肝心です。
▲先頭へ戻る

脳梗塞について

 脳梗塞とは、脳卒中の中で最も多い症状で、近年増加傾向にあります。脳梗塞は、動脈硬化のために動脈が狭くなって詰まったり、あるいは動脈や心臓内にできた血栓(血のかたまり)が脳の動脈に流れ込み、詰まってしまう(脳塞栓)ために起こるものです。その血管によって酸素や栄養素を受けている脳の部分の組織に血液がいかなくなるので、組織が破壊されます。

 突然発症する場合と、段階的に悪化していくものなど、さまざまですが、多くの場合、初期症状として、めまい、頭痛、手足のしびれ、舌のもつれなどが見られます。
▲先頭へ戻る

脳梗塞の原因

 脳梗塞の発症には、さまざまなことが原因として影響しますが、なかでも深い関係があるのが、動脈硬化と高血圧、高脂血症、糖尿病です。

 糖尿病のように、血糖値が高い状態が長期間続くと血管壁にコレステロールが沈着しやすくなり、動脈硬化が促進します。また、血糖値が高いと血管内での血小板の凝集作用が高まり、血栓ができやすくなります。
▲先頭へ戻る

脳梗塞の予防

 脳梗塞を予防するには、動脈硬化、高血圧、高脂血症、糖尿病を防ぐことが重要です。誤った食生活、運動不足などを改善しましょう。特に、脂肪分の摂りすぎには注意する必要があります。

 魚の脂に含まれているDHA(ドコサヘキサエン酸)は、動脈硬化を予防する働きが非常に強いことがわかっています。DHAが特に多く含まれる、青魚(イワシ、サバ、サンマ)やマグロを積極的に食べるようにしましょう。
▲先頭へ戻る

脳梗塞予防に効果のあるサプリメント

 サプリメントでは、アガリクス、マイタケ、霊芝などのキノコ類にコレステロールを除去する作用があるため、脳梗塞の予防効果が期待できるます。イチョウ葉エキスには細くなった血管を拡張する働きがあります。DHA,EPAは血中の中性脂肪を減らし、血小板の凝集を抑制する。

 血栓溶解酵素としての働きを持つ、ナットウキナーゼも効果的です。血液中のカルシウムも血管を詰まらせる恐れがあるので、過剰なカルシウムを抑えるマグネシウムも摂りましょう。血管の老化を防ぐビタミンE、βーカロチンもおすすめです。
▲先頭へ戻る

« がんの種類と予防と改善 | あるある健康大百科「生活習慣病編」トップページ | 歯周病の予防と改善 »