包茎について:あるある健康大百科「男性の健康編」

« 虚血性変化 | あるある健康大百科「男性の健康編」トップページ | 真性包茎 »

包茎について

包茎とは

 包茎とは亀頭(陰茎先端部)が包皮で覆われている状態のことで、産まれたばかりの赤ちゃんは陰茎をバイ菌や刺激から守るために包茎(生理的包茎)の状態が普通で、成長と共に亀頭が自然と露出されるようになります。

 亀頭が露出する時期には個人差がありますので一概にはいえませんが早ければ3歳頃から、一般的には思春期以降だといわれています。

 しかし成人になっても何らかの原因によって亀頭が露出されず、包皮に覆われたままの包茎は、剥くクセをつけたり、手術や矯正器具を使用しなければ自然に治ることはありませんので、その事により悩んでいる男性が多いようです。

 包茎は、真性包茎・仮性包茎・カントン包茎の3種類に分けられ、日本人の成人男性の約半数以上が包茎ともいわれています。
▲先頭へ戻る

包茎の原因

 包茎の原因は一つではありませんし、真性包茎・仮性包茎・カントン包茎によって原因も違ってきます。

 ただ全体的に先天的な原因、遺伝よりも後天的な原因が大きいともいわれています。また肥満、特に下腹部に脂肪がたまると、余分な皮が陰茎(ペニス)のほうに下がるため、埋没型包茎の原因になる事もあります。
▲先頭へ戻る

日本の包茎人口

 日本における成人男性の包茎人口は約半数以上、中には約7割が包茎ともいわれています。しかしその中のほとんどはいわゆる仮性包茎ともいわれています。

 こう見ると包茎で悩んでいる成人男性は意外と多く、また友人や家族に相談する事も難しいので1人で悩んでいる人が多いようです。
▲先頭へ戻る

包茎手術の歴史

 世界的に見れば包茎手術の歴史は古く、古代エジプトやユダヤで割礼(かつれい)と呼ばれる包皮を切除する方法で、宗教的な理由により行われていました。

 その後、欧米でもこの割礼は行われるようになり、特に新生児の包皮切除は習慣化されていきました。しかしこの新生児における包皮切除は大人になってからさまざまな問題が起こる可能性があるとして、近年では急激に減少傾向にあります。

 日本ではこのような習慣もなく、新生児における包皮切除が行わることはほとんどなかったので、包茎手術がいつ頃から行われるようになったのかはハッキリしていませんが、基本的にはいまでも新生児における包茎手術よりも、成人になってから包茎手術を受ける割合のほうが多いようです。
▲先頭へ戻る

« 虚血性変化 | あるある健康大百科「男性の健康編」トップページ | 真性包茎 »