バイアグラの副作用と禁忌事項:あるある健康大百科「男性の健康編」

« バイアグラが効くしくみ | あるある健康大百科「男性の健康編」トップページ | バイアグラの使用法 »

バイアグラの副作用と禁忌事項

バイアグラの副作用と相互作用

 一般的なバイアグラの副作用は、頭痛・顔面紅潮・胃部不快・鼻閉・視覚異常などがあげられる。視覚異常とは、ものが一時的に青く見える「青視症」などである。

 また少数とはいえ、バイアグラを内服し死亡した例もある。こうした死亡例をみると、高血圧、高脂血圧、タバコ、糖尿病、肥満、心疾患の既往など1つ以上もっていた例が圧倒的に多く、硝酸薬の併用の例もあった。最近ではインターネットなどで一般にバイアグラが購入できるルートが存在するが、バイアグラの使用にあたっては、しっかりした処方基準を守ることが重要である。
▲先頭へ戻る

バイアグラの禁忌項目

 ①硝酸剤あるいは一酸化窒素供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アルミ、硝酸イソソルビドなど)を飲んでいる人、あるいは飲んだあとの人
 ②過敏症
 ③心血管系障害があるなど、性行為が不適当と考えられる人
 ④最近6ヶ月以内に心筋梗塞を経験した人
 ⑤低血圧(90/50mmHg以下)
 ⑥高血圧(170/100mmHg以上)
 ⑦最近6ヶ月以内に脳梗塞・脳出血を経験した人
 ⑧重度の肝障害(肝硬変)
 ⑨網膜色素変性症(進行性の夜盲)
▲先頭へ戻る

« バイアグラが効くしくみ | あるある健康大百科「男性の健康編」トップページ | バイアグラの使用法 »