カントン包茎について:あるある健康大百科「男性の健康編」

« 仮性包茎について | あるある健康大百科「男性の健康編」トップページ | 包茎の悩みについて »

カントン包茎について

真性包茎とは

 カントン包茎は包皮を剥いて亀頭を露出させることができますが(包皮口が狭いため剥けない場合もある)、剥くときに痛みを伴ったり、剥けても包皮口が狭くて亀頭にひっかかってしまい包皮を戻せなくなってしまい、そのまま包皮を戻さないでいると亀頭が締めつけられ、包皮が腫れ上がり、その状態が続くと最悪の場合、亀頭(陰茎)が鬱血(血液の流れが悪くなる)して壊死(えし)してしまうこともある包茎のことです。

 一方、真性包茎は基本的に包皮を剥いて亀頭を露出させることができず、仮性包茎はカントン包茎と同じく包皮を剥いて亀頭を露出させることができますが、カントン包茎と違う所はいつでも元に戻すことができ、剥くときにも基本的には痛みを伴ないません。

 カントン包茎を無理に矯正させようとすることは危険です(カントン包茎の矯正方法)。また包皮を戻せなくなった場合は、亀頭を鬱血させ、壊死させる恐れがありますので、早急に泌尿器科などで専門医に相談しましょう。
▲先頭へ戻る

仮性包茎の原因

 カントン包茎は元々包皮の開口部が狭いにもかかわらず、強引に包皮を剥いて亀頭部分を無理に露出せようとしたことが大きな原因です。

 強引に亀頭を露出させた結果、包皮が戻らなくなったり、包皮が反転してしまい、亀頭を締めつけてしまい鬱血(血液の流れが悪くなる)し、最悪の場合、亀頭が壊死することもありますので、痛いのに無理に包皮を剥いて亀頭を露出させる事は危険です。

 カントン包茎かな?と思ったら無理に矯正する事はとても危険ですので、それでも自力で矯正したい場合はカントン包茎の矯正方法を参考にしてみてください。また何らかのはずみで包皮が戻らなくなったり、痛みが続く場合は恥ずかしからず、早めに泌尿器科などで専門医に相談する事をおすすめします。
▲先頭へ戻る

カントン包茎の問題点

 カントン包茎にもさまざまな問題点があります。

 【亀頭が壊死してしまうことがある】
 強引に包皮を剥いて亀頭を露出させてしまうと包皮が戻らなくなったり、包皮が反転してしまい、その状態が続いたままにしておくと亀頭部分が鬱血(血液の流れが悪くなる)して壊死してしまう危険性があり、壊死してしまうと再生はほぼ不可能となってしまいますので、早急に専門医に相談しましょう。

 【皮膚(包皮)が切れやすい】
 カントン包茎は包皮の開口部が狭いために、性行為などで勃起したときに包皮が切れやすくなり、その切れた場所から雑菌や細菌が入り込み感染症や性病の原因ともなりかねません。
▲先頭へ戻る

カントン包茎の矯正方法

 カントン包茎を自力で矯正させる前に、自分が本当にカントン包茎なのかを確認しましょう。

 カントン包茎の大きな原因は包皮の開口部が狭いことです。その結果、包皮を剥くことができない、または剥くことができても亀頭の根元が締め付けられて包皮を戻せなくなるのです。

 ですので絶対に無理をして包皮を剥くことはやめましょう。包皮が戻らなくなって亀頭が鬱血(血液の流れが悪くなる)し、最悪の場合壊死してしまうこともあるのですから。

 カントン包茎の矯正方法は基本的に真性包茎の矯正方法と同じです。狭い包皮の開口部を少しずつ手や矯正グッズで広げる訓練(努力)をすることが大切です。

 そして少しでも包皮の開口部が広がってきたら、少しずつでよいので包皮を剥いてみましょう。何度もいいますが、痛みを感じるのに無理に剥くことは危険です。痛みを感じない所まででいいので、毎日お風呂場などでそれを繰り返しましょう。毎日の訓練(努力)が大切です。

 カントン包茎を強引に矯正する事はとても危険ですので、時間はかかりますが毎日少しずつ包皮の開口部を広げていき、仮性包茎の状態を目指しましょう。とにかく焦らず、無理せずやっていきましょう。

※ 包皮が戻らなくなったり、痛みが続くときは、早急に泌尿器科などで専門医の診察を受けましょう。
▲先頭へ戻る

« 仮性包茎について | あるある健康大百科「男性の健康編」トップページ | 包茎の悩みについて »