仮性包茎について:あるある健康大百科「男性の健康編」

« 真性包茎 | あるある健康大百科「男性の健康編」トップページ | カントン包茎について »

仮性包茎について

真性包茎とは

 仮性包茎とは、平常時は亀頭の一部または全部が包皮に覆われていますが、勃起時や手を使って剥けば亀頭を露出させることができる包茎のことです。

 一方、勃起時や手を使っても亀頭を露出させることができない包茎を真性包茎、強引に自分で包皮を剥いて包皮が元の位置に戻らなくなり、亀頭の根元を締めつけてしまう包茎をカントン包茎といいます。

 仮性包茎を大きく2つに分けると・・・

 ・通常時は亀頭が包皮に覆われているが、勃起時には剥ける
 ・通常時も勃起時も亀頭は包皮に覆われているが、手で剥ける

 このように一口に仮性包茎といっても、包皮の余り具合や亀頭の大きさによって人それぞれ状態が違い、包皮を剥くときに痛みを伴う人や伴わない人がおり、基本的にはお風呂などで包皮を剥いた状態で亀頭などを毎日洗浄し、清潔にさえしていれば通常生活はもちろん、性行為にも問題ないといわれています。

 また日本では包茎の人のほとんど、約70%がこの仮性包茎だといわれ、仮性包茎が真性包茎・カントン包茎と違う点は、平常時・勃起時ともに包皮を手で剥こうと思えばいつでも剥けるということです。
▲先頭へ戻る

仮性包茎の原因

 仮性包茎の原因は人それぞれですが、以下のようなことが考えられます。

 ・思春期以降に亀頭が包皮に包まれた状態でのオナニー(皮オナニー)のしすぎ(伸び癖)
 ・生理的包茎の幼児期に勃起経験が多い
 ・遺伝(産まれつき包皮が長い)

 これらのような原因が考えられ、原因が特定できない場合もあります。ただ仮性包茎は程度の差にもよりますが基本的に性行為は問題なく行う事ができますし、日頃から亀頭を露出させるクセをつければ自力での克服も可能ですので、手術の必要はないといわれています。
▲先頭へ戻る

仮性包茎の問題点

 仮性包茎にもさまざまな問題点があります。

 【仮性包茎は不衛生
 仮性包茎は亀頭が包皮に覆われている時間が長いため恥垢がたまりやすく、恥垢が原因で悪臭を放ち、不衛生になりがちです。このような不衛生な状態を続けていますと、亀頭包皮炎などのさまざまな感染症や性病、パートナーの女性の不妊症の原因や子宮頚癌を引き起こすともありますので、お風呂に入った時に亀頭を露出させ、キレイに洗浄するように心がけましょう。

 【仮性包茎は亀頭の成長が妨げられる
 仮性包茎は亀頭が包皮に覆われている時間が長いため、亀頭の正常な発育が妨げられ、短小や先細りの原因になることがあります。

 【仮性包茎は男性不妊の原因?
 仮性包茎は勃起時や手で包皮を剥く事ができますので真性包茎に比べると性行為に問題がない場合が多いので、包茎による男性避妊の可能性はそれほどないかもしれません。

 その他にも亀頭が包皮に覆われている時間が長いため外部からの刺激に弱くなり、早漏になりやすく、また見た目等が気になりコンプレックスになっている場合もあります。

 しかし仮性包茎は程度の差にもよりますが、日頃から手で剥いて亀頭を露出させるクセを繰り返せば、平常時でも露出するようになり、包茎が改善されることも期待できます。
▲先頭へ戻る

仮性包茎の矯正方法

 まず仮性包茎の人は程度の差にもよりますが、基本的に通常生活はもちろん、性生活も問題なくおくることができますので、何が何でも矯正する必要はないかもしれません。それでも見た目が気になる、不潔、コンプレックスになっているという人は以下のような矯正方法を実践してみてください。

 【仮性包茎の矯正方法
 仮性包茎に限らず、包茎を矯正するには“剥き癖”をつけることが最も重要なポイントです。仮性包茎の人は基本的に包皮を剥いて亀頭を露出させる事ができますので、自分の努力次第で“剥き癖”をつけて、仮性包茎を矯正することは十分可能です。

 【お風呂では毎日必ず剥いて亀頭などを洗う癖をつける
 お風呂場で包皮を剥く癖をつけることは“剥き癖”をつけるだけでなく、包茎の悩みである不衛生を解消することにも繋がります。

 【トイレでは剥いてから用を足すように癖をつける
 トイレでも包皮を剥いて亀頭を露出させた状態で用を足す癖をつければ、“剥き癖”がつくだけでなく、包皮と亀頭の間に残尿が残りませんので衛生的です。

 【寝る時は剥いてから寝るようにする
 寝ているときは体が横になっているので、包皮が戻ろうとする力が少なくなり、“剥き癖”がつくようになります。

 【トランクスではなくブリーフにする
 普段の生活でも“剥き癖”をつける努力は欠かせません。そこで通常時は陰茎(ペニス)を上に向けた状態で、包皮を剥いておけば引力が働きますので、包皮が戻る力は弱くなり、その結果“剥き癖”がつくようになります。しかしトランクスでは陰茎(ペニス)がブラブラして安定しませんので、常に陰茎(ペニス)を上に向けておくことはとても難しくなります。

 一方ブリーフでは陰茎(ペニス)をきちっと固定させる事ができますので、包皮を剥いた状態を維持しやすくなります。

 ブリーフはちょっと・・・という人はいまはやりのボクサーパンツでもいいですし、ブリーフの上からトランクスを履いておけば、いざというとき以外はブリーフを履いていることがバレル事はありませんので、どうしても仮性包茎を矯正したい人は試してみてください。

 そしてトイレに行ったときなどに包皮が戻っていれば、また包皮を剥いて上向きに固定しておく。このような生活を続ければいずれ、何もしなくても常に包皮が剥けて亀頭が露出している状態になるのです。

 【物理的に包皮を剥いた状態で固定する
 仮性包茎の人は剥いてもすぐに戻る力が働いてしまいます。そこで物理的に包皮を剥いた状態で固定し、“剥き癖”をつけるようにしましょう。

 具体的には矯正グッズを使用したり、亀頭の襟首(根元)にティッシュなどの柔らかいものを巻き付けたり、絆創膏を貼って剥いた状態で固定するのも良いかもしれません(カブレる場合はすぐに使用を中止しましょう)。たまにゴムなどで固定させる人がいますが、この方法は亀頭(陰茎)を締め付けてしまい大変危険ですので絶対にやめましょう。

 【オナニーは包皮を剥いた状態でするようにする
 仮性包茎の原因の一つが包皮を被せたままオナニーをする事です。これは皮オナニーと呼ばれていて、包皮が伸びてしまい、より仮性包茎を矯正するのが難しくなってしまいますので、仮性包茎を矯正したいという人は今すぐにやめるべきです。

 最初は痛みを感じたり、快感を得る事が出来ないかもしれませんが、いずれ慣れますので包皮を剥いた状態でオナニーをするように心がけましょう(慣れるまではローションなどを使用し、あまり刺激を与えないように)。

 【亀頭の成長を促す
 仮性包茎を矯正するには“剥き癖”をつけて常時、亀頭の襟首(根元)に包皮を留めておくことが大切です。しかし包茎の人は亀頭が包皮に覆われているので、亀頭の成長が妨げられ、包茎でない人と比べると亀頭が小さい場合があります。

 亀頭が小さいと包皮が引っかかる割合(場所)が小さくなり、戻りやすくなります。例えれば、真っすぐの棒とキノコを想像すればいいかもしれません。

 そこで亀頭の成長を促す努力が必要になってきます。方法としては亀頭を刺激することによって成長を促す方法です。お風呂場などで包皮を剥いて亀頭を洗う時に優しく刺激を与えてやりましょう。もちろんすぐには効果は現れませんが、毎日の努力がいずれ大きな差をうむこともあるのです(あくまでも優しく刺激を与える事がポイントです。早く成長を促したいからといって痛いほど刺激を与えると逆効果になります)。

 以上さまざまな仮性包茎の矯正法をみてきましたが、とにかく“剥き癖”をつけることが最大のポイントです。はじめは今まで包皮に覆われていた亀頭が外部(パンツなど)に触れると痛みを感じたりしますので、痛みを感じる場合は無理をせず、徐々に慣らしていくことが大切です。

 また仮性包茎を矯正する事は衛生的になる事はもちろん、早漏対策にもつながりますので、諦めずに、そして気長に、無理をせず、以上のような矯正方法を試してみてください。
▲先頭へ戻る

« 真性包茎 | あるある健康大百科「男性の健康編」トップページ | カントン包茎について »