男女関係の調整:あるある健康大百科「男性の健康編」

« ED治療のカウンセリング | あるある健康大百科「男性の健康編」トップページ | バイアグラによるEDの治療 »

男女関係の調整

男女関係の調整①相手に対する理解

 男性の勃起は心理面に左右される部分が大きいものである。したがって、もし男性が勃起障害になっても、女性はできるだけ相手を傷つけないようにする配慮が必要である。

 非難したり、怒ったり、なじったり、泣いたりすることは慎まなければならない。また、過度におだてるのも問題で、「こういうこともあるよね」といった程度で、口論だけは避けなければならない。

 勃起は男性に意思によって起こるものではない。勃起は自律神経の反射で起こるものであり、勃起しないからといって、その女性を愛していないとか、セックスしたくないということではない。
▲先頭へ戻る

男女関係の調整②考え方の違い

 一般に女性、特に若い女性は「性行為をしない・できないのは男性に愛情がないから」と考えがちで、これは純粋で素直な考え方ではあるが、性行為ができないからといって、必ずしも愛情がないわけではない、ということを理解する必要がある。
▲先頭へ戻る

« ED治療のカウンセリング | あるある健康大百科「男性の健康編」トップページ | バイアグラによるEDの治療 »