EDの原因となる心理的な要因:あるある健康大百科「男性の健康編」

« EDを起こす身体的要因 | あるある健康大百科「男性の健康編」トップページ | EDの検査と診断・問診 »

EDの原因となる心理的な要因

予期不安

 過去に勃起せずに失敗した経験があると、その状況を思い出し、再び失敗することを恐れて不安・緊張が高まり、それによって性的興奮が起こりにくくなって、勃起ができなくなる。心因性EDの原因としては一番多いものである。

 これは、不安があって勃起できない、その経験がまた次の勃起障害を引き起こすという悪循環に陥ることになる。
▲先頭へ戻る

不安発作

 不安発作とは、急に動悸・息切れ・発汗・手指などの硬直などが生じてパニックに陥るものだが、さまざまな検査をしても身体的な異常を認められないものである。「このまま死んでしまうのではないか」という恐怖を覚え、救急車で病院に運ばれることもしばしば。この不安発作を経験すると、性行為のときの動悸や息切れが不安発作を誘発するかもしれないという恐怖や不安を抱くようになり、これがEDを引き起こす原因となる。
▲先頭へ戻る

軽症うつ病

 EDの原因となる心理的な要因のうち、軽症うつ病は、うつ病として治療が必要なほどではないが、慢性的な精神的疲労状態になり、気分がすぐれず、意欲も低下している状態である。性行為をしたいという「性欲相」が障害となり、勃起も起こらないという結果になる。
▲先頭へ戻る

不妊治療

 EDの原因となる心理的な要因のうち、パートナーの女性が不妊外来に通院中などに、男性側にEDが起こることが以外に多くある。排卵日には欲望が起こらなくても性交が求められるため、自分が種馬的な存在になっているように感じ、このことから逃げ出したいための現象、と考えられる。
▲先頭へ戻る

ターン・オフ

 勃起は起こるものの、無意識のうちに自分でスイッチを切るように欲望を消して、引き返してしまうのが、ターン・オフ。理由としては、女性の内臓を突き破るのではないか、あるいは膣に吸い込まれるのではないかなどの不安や、女性を気持ちよくさせることへの抵抗や不安から自分を守る、一種の自己防衛反応と考えられる。
▲先頭へ戻る

テクノ依存症、テクノストレス

 テクノ依存症は、コンピュータプログラマーなど、コンピュータに接する時間が長い、若い男性に多く起こる。人間とのコミュニケーションがうまくいかず、欲望自体が起こらなくなってしまう。一方のテクノストレスは、職場のOA化に適応できない中高年男性に多く、仕事や職場でのストレスで性行為どころではなくなってしまう傾向にある。
▲先頭へ戻る

夫婦関係のストレス

 EDは性行為における障害であるから、夫婦関係のストレスは大変大きなものである。家庭内における一番のストレスは、妻との関係である。夫婦仲がよければ、たまに勃起できないことがあっても、それが夫にとっての予期不安になることはないし、ターン・オフも起こりにくいのである。

 また、妻の理解不足もストレスになる。一度失敗したとき、妻が責め泣いたり、逆に母親のように過剰に慰めるのも、夫にとってはかなりストレスになる。
▲先頭へ戻る

« EDを起こす身体的要因 | あるある健康大百科「男性の健康編」トップページ | EDの検査と診断・問診 »