EDを起こす身体的要因:あるある健康大百科「男性の健康編」

« EDを起こす原因 | あるある健康大百科「男性の健康編」トップページ | EDの原因となる心理的な要因 »

EDを起こす身体的要因

血液の不足によるもの

 EDを引き起こす身体的要因のうち「高血圧・高脂血症・糖尿病・動脈硬化」は、陰茎の血管に影響を及ぼすため、血液を十分に送り込むことができない状態になる。

 また、糖尿病の人に起こりがちなのが自律神経の障害によるEDであるが、これには射精障害もある。ふつう射精は陰茎の先から精液が出るが、逆行性射精は自律神経が支配する膀胱の出口に機能異常が生じるため、前立腺にたまった成分が膀胱のほうに出てしまうものである。
▲先頭へ戻る

神経系の損傷によるもの

 EDの原因となる身体的要因のうち、脊髄損傷、多発性硬化症、前立腺や結腸など骨盤内の外科手術によるものは、神経が傷ついて中枢神経と陰茎の神経とがつながらない状態になることがあり、器質的障害が起こる。手術の場合、尿道を経由して行う手術はいいのだが、開腹する際にはどうしても神経を傷つけることが多くなる。
▲先頭へ戻る

ホルモンの分泌によるもの

 EDを起こす身体的要因のうち、腎疾患、肝疾患、ホルモンの病気によるものは、男性ホルモンが不足するため、性欲や勃起そのものが起こりにくくなる。またホルモンの分泌が少なくなると、精液量自体も少なくなるので、射精が起こりにくくなるのである。
▲先頭へ戻る

薬の副作用によるもの

 EDを起こす身体的要因として、副作用としてEDを引き起こす薬物がある。一部の降圧薬や血糖降下薬、抗潰瘍薬、自律神経薬、うつ病治療薬などは、副作用としてEDを引き起こす。この副作用によるものはED全体の25%を占めるといわれている。

 1つ注意したいのが、前立腺の治療薬である抗男性ホルモン薬で、これ医師の説明なしに処方されると、EDが起こっても原因がわかりにくいことがあるので注意したい。
▲先頭へ戻る

タバコ・アルコールによるもの

 EDを起こす身体的要因のうち、タバコは血液の循環に悪影響をもたらし、またアルコールは中枢神経系を抑制するように働く。したがって、吸いすぎ、飲みすぎはEDの原因となる。
▲先頭へ戻る

慢性的な陰部の圧迫によるもの

 EDを起こす身体的要因のうち、自転車のサドル下の落下による直接的な外傷以外にも、硬いサドルによる慢性的な会陰部の圧迫のために血流障害や知覚障害を起こし、それがEDにつながることが注目されている。
▲先頭へ戻る

« EDを起こす原因 | あるある健康大百科「男性の健康編」トップページ | EDの原因となる心理的な要因 »