EDの原因となるもの:あるある健康大百科「男性の健康編」

« EDに関する用語集 | あるある健康大百科「男性の健康編」トップページ | EDの予防法 »

EDの原因となるもの

ストレスと血管障害

 EDの一般的な原因としては動脈硬化がもっとも多いとされている。したがって、食事や運動で動脈硬化の進行を遅らせることがEDの予防につながる。

 ストレスはEDの心理的な原因となる。ひとくちにストレスといっても、仕事上の問題、職場での人間関係、家庭内の問題など、さまざまな要因によって引き起こされる。EDの直接の原因になりやすいのは、やはり夫婦間のストレスである。普段からよくコミュニケーションをとるよう努力が必要だ。
▲先頭へ戻る

副作用への対応

 仕事上のストレスも大きくなれば問題である。最近では特に中高年者のリストラや失業がEDの原因となっている。失業やリストラで職を失うような事態になれば自信喪失につながり、心理的に勃起が生じにくくなりやすいといえる。実際には経済的な問題が切実にのしかかるなど、セックスどころではなくなるので、EDになるのも無理はないといえる。

 人間にとってセックスは重要な欲求であるが、眠れない、食べられないなど直接生命を脅かす問題があれば、セックスが二の次になるのは当然である。
▲先頭へ戻る

« EDに関する用語集 | あるある健康大百科「男性の健康編」トップページ | EDの予防法 »