増毛について:あるある健康大百科「育毛・増毛・はげ対策編」

« 育毛・発毛について(まとめ) | あるある健康大百科「育毛・増毛・はげ対策編」トップページ | 植毛について »

増毛について

増毛について

 増毛とは、1本の自分の毛に複数の人工の毛髪を結びつけたり、人工毛髪を結着させた細い糸を自毛の中に紛れ込ませるなどし、自分の毛以外の方法で人工的に髪を増やすことです。

 育毛や発毛と違って短期間で気軽に髪のボリュームを増やすことができ、生活パターンを変えることもなく可能なので、かつらには抵抗があるけど髪が薄くて悩んでいるという人にとっては、短期間での悩み解決方法として人気の方法です

 かつらと違い、面倒なお手入れや着脱のわずらわしさや外れてしまう心配など、装着の違和感も有りません。また、植毛と違い頭皮にメスを入れるわけではありませんので傷は付きません。
▲先頭へ戻る

増毛のメリットト

 増毛は植毛とは違い手術をする必要がありません。そのため頭皮を切ったりすることもなく、手軽に始めることができます。

 そのことからも分かるように、簡単に髪の毛の量を調節できますので、徐々に髪の量を増やしていく方法をとることができるので、周りの目を気にすることなく徐々に・自然な感じで、増やすことができます。日ごろから人と接する機会が多く、周りの人からの目が気になる人は、少しずつ増毛していくことをお薦めします。

 増毛は、その増やす量によって値段が変わります。そのときの予算に合わせて増毛する度合いを決めることが出来るのも大きなメリットです。

 また、増毛したいときだけの短期間だけ増毛するといった使い方もできますし、増毛にはそれほど時間もかからないため、とても気軽にトライできるのもメリットと言えます。
▲先頭へ戻る

増毛の方法

 一般的にサロンの個室やカーテンで仕切られた部屋などのプライベートルームでシャンプー、頭のマッサージ、小休憩などを含めてリクライニング椅子又はベットに横たわっている間に技術者が施術を行います。1回の増毛にかける時間は2時間ぐらいが標準のようです。2時間で約600~1000本増毛できます。

 【自毛の根元に人工毛髪を数本づつ結びつける方法

 増やしたい場所にある1本の自毛の根元に、数本の人工毛髪を結んでいきます。すると1本が5、6本と数倍に増えますので、ボリュームアップが可能となるわけです。周囲に不自然に思われないように徐々に増やすこともできます。一度の増毛で、数百本から数千本まで予算に合わせて自由に増やすことができます。

 【透明な糸に植毛した数十本単位の人工毛髪を、自毛に結び付けていく方法

 密度を細かく調整しながら自由にボリュームアップができます。頭頂部に地毛のない人でも、側頭部や後頭部の自毛に合わせ自然な感じに仕上げることが可能です。接着剤は一切使用しませんから頭皮は安全。伸びてきても補正可能、経済性も抜群です。
▲先頭へ戻る

増毛の注意点

 毛髪は通常なにもしなくても毎日80本から100本自然に脱毛してしまいます。

 初めて自毛に人工毛髪を結びつける増毛を行う際、抜けない髪の毛か自然脱毛してしまう髪の毛か見分けることはできません。人工毛髪をつけた自毛が抜けてしまう可能性があり、自毛が1本抜けると数本抜けたような印象をうけますが、人工毛髪が結びつけてあるので抜け毛自体が増えたということではありません。

 抜け毛で減ってしまった頭髪を、増毛初期のスタイルを維持したいという方は定期的に人工毛髪を補充していくようにする必要があります。
▲先頭へ戻る

« 育毛・発毛について(まとめ) | あるある健康大百科「育毛・増毛・はげ対策編」トップページ | 植毛について »