脱毛症について:あるある健康大百科「育毛・増毛・はげ対策編」

« 医療用かつらについて | あるある健康大百科「育毛・増毛・はげ対策編」トップページ

脱毛症について

男性型脱毛症(AGA)

danseigata.jpg  男性型脱毛症(AGA)とは、その名の通り男性の約1割が発症するほど男性特有の脱毛症。AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略。

 主に30歳代あたりから症状が目立ってきますが、特に20代~30代に発生する男性型脱毛症を「若年性脱毛症( 俗称、若ハゲ)」と30代~50代に発生する男性型脱毛症を「壮年性脱毛症」と呼びます。

 ヘアサイクル(周毛期)の成長期が短くなる影響で、前頭部と頭頂部の髪が薄くなる特徴があります。

 原因ははっきり特定できないが、遺伝や男性ホルモンが大きく関わっていると考えられています。

 →男性ホルモンによる薄毛・脱毛への影響
 →遺伝による薄毛・脱毛への影響

 男性ホルモンが大きく関わっている場合、現在医療機関によるAGA治療が可能となっています。治療の際には処方薬としてプロペシア(主成分フィナステリド)が処方されますが、このプロペシアは男性ホルモンによる発毛の阻害を防ぐ効果があるといわれています。
▲先頭へ戻る

円形脱毛症

enkei.gif  円形脱毛症とは突然円形または楕円形など不整形に脱毛が生じることをいいます。年齢男女に関係なく発症すします。

 頭髪とあごひげが最も多く、まれに症状が悪化すると広範に脱毛することがあります。極端な場合、全身の体毛が抜けてしまう場合もあります。これまで円形脱毛症はストレスが原因とされていましたが、最近では自己免疫と深い関わりがあるのではないかと考えられています。

 円形脱毛症の種類は単発型、多発型、多発融合型、全頭脱毛型、汎発性脱毛型の5つあります。

 【単発型円形脱毛症】とは、幅広い年齢層で、また男女ほぼ同率でみられる最も多い脱毛症。一時的に一部が脱毛することです。

 【多発型円形脱毛症】とは、2箇所以上の円形脱毛ができる症状。脱毛部分が大きくなる可能性がある。また治っても再発する場合もある。治療期間も単発型より長くなります。

 【多発融合型円形脱毛症】とは、頭皮全体の頭髪が脱毛し、症状が進行すると全頭脱毛にいたる場合もあります。治療にはかなり時間がかかります。

 【全頭脱毛症】とは、頭髪が完全に抜け落ちてしまう脱毛症です。治りにくく、治療にも長い期間が必要です。

 【汎発性脱毛症】とは、頭髪以外の眉毛、睫毛、ひげ、脇毛など全身全ての毛が抜け落ちてしまう脱毛症です。脱毛症の中では最も重度になります。
▲先頭へ戻る

粃糠性脱毛症

hikou.gif  粃糠(ひこう)とは役に立たない残り物、屑のこと。粃糠性脱毛症ではフケを指します。

 粃糠性脱毛症とは、頭皮のフケが何らかの原因で異常発生し、そのフケが毛穴につまることで頭皮に炎症を起こして湿疹ができることで起こる脱毛症です過度なシャンプー、過剰なマッサージなどにより、頭皮が傷つくとフケが異常発生し、粃糠性脱毛症となることがあります。

 フケによる脱毛症にはカサカサした乾性のフケによるものと、ベトベトした脂漏のフケによるものがあるが、粃糠性脱毛症は乾性のフケによるものです。

 同じフケが原因として起こる脱毛症にはベトベトした脂性のフケにって起こる「脂漏性脱毛症」があります。
▲先頭へ戻る

脂漏性脱毛症

sirousei.jpg  脂漏性脱毛症とは頭皮の皮脂が過剰となることで起こる脱毛症。体質的なものや頭皮のケアを怠ることにより皮脂が過剰となることが原因です。

 頭皮には皮脂腺があり、通常より皮脂の分泌が多くなることを脂漏と呼びます。頭皮が脂漏になると、余分な皮脂が酸化し、べたべたした脂性のフケとなります。

 脂性のフケは洗い流しにくいため、頭皮の皮脂により毛穴がつまったり、細菌が繁殖して炎症を起こし、ひどい場合に脂漏性脱毛症となります。

 同じフケが原因として起こる脱毛症にはカサカサした乾性のフケによって起こる「粃糠性脱毛症」があります。
▲先頭へ戻る

分娩後脱毛症

bunben.gif  分娩後脱毛症とは妊娠中の女性に起こる脱毛症です。

 妊娠による栄養バランス、女性ホルモンの分泌バランスの崩れによって起こります。妊娠後期にエストロゲンをはじめとする女性ホルモンの影響で成長期の頭髪が増え、これらの頭髪が出産後に休止期に入るため抜け毛が増加します。

 抜け毛がひどくなりますが、一般的に分娩後脱毛症は一時的な脱毛症状で、深刻な脱毛症になることはありません。

 軽いブラッシングや手で髪をとかす程度でかなり髪の毛が抜けたりしますが、通常は産後半年程度で自然に回復します。およそ半分の妊婦が脱毛を意識するといわれるほど妊婦にとっては一般的な脱毛症です。
▲先頭へ戻る

びまん性脱毛症

biman.gif  びまんとは一面に広がるという意味です。頭髪の一部でなく、頭髪全体の髪の毛が抜けて薄くなる脱毛症です。

 頭部全体の地肌、特に髪の分け目の皮膚が透けて見えるようになり、脱毛の境界がはっきりしません。この「びまん性脱毛症」は中年以降の女性に多いのも特徴です。

 成長がストップした髪(休止期毛)の割合が増え、脱毛が進みます。老化、ストレス、ダイエット、過度なヘアケアなどが主な原因と考えられていますが、女性に多いのはダイエットや過度のヘアケアが男性に比べ多いためであるといえます。

 気になる場合はウィッグなどの部分かつらを利用するといいでしょう。特にウィッグは女性向けにさまざまな商品があるので自分にあったウィッグ(部分かつら)を選ぶとよいでしょう。
▲先頭へ戻る

牽引性脱毛症

kenin.jpg  頭髪が継続して過度に引っ張られる事によって発生する脱毛症。ポニーテールなど頭髪を強く束ねたりする場合に起こりやすくなります。

 牽引性脱毛症の場合、特に治療は必要なく、個人差はあるが一般的に髪型を変えることによって回復します。ただし牽引が長期間だと回復不能になる場合もあります。

 回復を早めるには頭皮のマッサージで血行を促進するのがよいでしょう。

 脱毛症の多くはホルモンや遺伝などの内的要因によるものですが、このように頭皮への継続的な負担は脱毛症へとつながるので注意が必要です。
▲先頭へ戻る

瘢痕性脱毛症

hankon.gif  瘢痕(はんこん)とは、簡単にいうと皮膚、粘膜の傷がひきつれを伴って治癒した傷跡のことです。

 瘢痕性脱毛症とは、頭皮がなんらかの損傷を受けて瘢痕化した場合に起こる脱毛症。やけどや外傷で起こりやすいのが特徴です。

 いったん瘢痕性脱毛症となった頭皮では、毛根部分の組織が破壊されてしまうために髪が再び生えてくる可能性はほとんどなくなってしまいます。

 また治療が遅れると脱毛の範囲が広がる恐れがあるため、早期治療が重要です。
▲先頭へ戻る

中毒性脱毛症

 中毒性脱毛症とは、熱病性の疾患や重度の病気、妊娠や手術など肉体的・精神的ストレスが原因で起こる脱毛症のことです。

 ガンの化学療法薬などクスリの副作用で起こる場合もあり、甲状腺や下垂体の機能低下も中毒性脱毛症の原因となります。急激に頭髪が抜け落ちるが、通常一時的な脱毛で終わります。

 こういった中毒性脱毛症の場合は、医療用かつら(医療用ウィッグ)で対応する場合が多くみられます。

 治療を受ける医療機関によっては提携のかつら・ウィッグメーカーがあるので、相談してみるといいでしょう。

 またカツラ・ウィッグの販売店では医療用かつら・ウィッグ用にカウンセリングを実施しているところもあるので、利用してみるのもよいでしょう。
▲先頭へ戻る

抜毛症(トリコチロマニア)

 抜毛症(抜毛癖)とは衝動制御障害(ICD)に分類される障害(性癖)です。

 精神的衝動にかられ、頭髪、眉毛などの体毛を自分で引き抜いてしまいます。別名トリコチロマニアとも呼びます。

 正確には脱毛症とはいえないかもしれませんが、抜毛症の場合、子供に多く、最初のうちは抜け毛の原因が円形脱毛症など他の原因と見誤りやすいのが特徴です。

 頭髪の一部を指でつまんで抜くため、脱毛部分は不規則な形をしていることが多いことが特徴です。

 一般的に成長とともに(あるいは一定の期間が過ぎると)抜毛症はなくなっていき、毛が抜けた部分も回復します。ただし症状がひどい場合は医師に相談するのがよいでしょう。
▲先頭へ戻る

« 医療用かつらについて | あるある健康大百科「育毛・増毛・はげ対策編」トップページ