漢方医学について:あるある健康大百科「女性の健康編」

« 日常生活の中の冷え性対策 | あるある健康大百科「女性の健康編」トップページ | 排便のメカニズム »

漢方医学について

漢方医学とは

 漢方医学というと、中国のイメージがありますが、それは半分正解で半分誤り。中国から伝わり、その後、日本で独自の発達をとげたのが、漢方医学です。漢方医学の特徴は、その人の「証」に会った治療を行ったり、薬を処方すること。証とは、性別や年齢、体質、体力、病気の症状のあらわれ方などを総合的に診断したもので、証が違えば、症状が同じでも処方する薬や治療法が違います。証を判定する決め手はいくつかありますが、代表的なものに、「陰・陽」「虚・実」「気・血・水」などがあり、これらを組み合わせて診断します。

 証は同じ人でも、そのときの体の状態によって変わってきます。また、漢方医学には、「末病を治す」といって、健康な時や、まだ本格的な病気になる前の段階で「養生」を行い、病気を未然に防ぐという思想があります。食事や生活のリズムを正して病気を防ごうとする、漢方医学の予防医学的な考え方は、生活習慣病がクローズアップされるなか、ますます注目を集めるようになっています。
▲先頭へ戻る

漢方医学のキーワード

 「陰・陽」
 病気が進んで体力が衰え、顔色が悪くなったりする、沈みがちで寒性の状態が陰。逆に、病気と闘うために熱が出たり、汗をかいたりする、活動的で熱性の状態を陽と考えます。

 「虚・実」
 その人が潜在的に持っている体力や、病気にたいする抵抗力の強さなどをあらわします。もともと体力がなく、抵抗力もない場合を「虚症」、逆を「実証」、その中間を「中間症」といいます。

 「気・血・水」
 気は生命エネルギー、血は血液とその働き、水はリンパ液、汗、尿など血液以外の体液とその働きをさします。漢方医学では、これらが体内をバランスよくめぐっていないと病気や体の不調を引き起こすと考えます。特に女性は、血がとどこおる「お血(おけつ)」を起こしやすいので注意が必要です。
▲先頭へ戻る

漢方専門医に診てもらうには

 「漢方医学=民間医療」と考える人は多いようですが、最近では西洋医学の医師たちもその効果に注目し、婦人科、内科、小児科などで、漢方医学的な治療が積極的に行われています。

 さて、よい漢方専門医の見つけ方ですが、医師と患者には相性もあり、一概に「これだ」という方法はないのが現状。漢方専門医を紹介している書籍やインターネットで調べたり、直接病院に問い合わせたりして、自分にぴったりの医師を選びましょう。健康保険がきくかも気になるところですが、医師が行う治療に対しては、原則的に保険がきくと考えてよいでしょう。ただし、処方される薬の種類によっては、保険適用外のこともあります。気になるようなら、診察を受ける前に確認しましょう。また、漢方医学は、患者の状態を目や耳、手で触った感触など、五感を使って判断します。化粧品やマニキュア、香水などはつけず、今の状態がわかるように患者の側でも配慮することが大切です。
▲先頭へ戻る

漢方医の診察方法

 ■望診(ぼうしん)
 漢方医専門医は、診察室に入ってきた患者をまず、顔色や表情、目や舌、爪の状態などを目で見て、状態を判断します。そのため、化粧はしないで行くほうがよいでしょう。そのため、化粧はしないで行きましょう。また、舌を見るのは「舌診(ぜつしん)」といい、漢方独自の大切な診断法。舌苔(ぜったい)をブラシでこそげとったりせず、自然な状態で診てもらいましょう。

 ■聞診(ぶんしん)
 声の調子や話し方、息遣いを見る。時には、口臭や体臭をかいで、患者の状態を診断することもあるので、香水はつけずに行くほうがよいでしょう。

 ■問診(もんしん)
 証を判断するため、生理の周期や排泄の間隔、病歴など、漢方医学ではかなり突っ込んだ問診がされることも。正確な症状をもらさず伝えるため、気づいたことは日頃からメモにしておくとよいでしょう。

 ■切診(せつしん)
 医師が患者の脈や、お腹や背中、足などの体に直接触れて、脈拍の状態やむくみ、脱水、冷えの具合などを調べます。体を触って、痛みを感じる場所によって、トラブルを診断するほか、体全体のバランスも診断します。
▲先頭へ戻る

痛みを緩和する鍼灸療法

 漢方医学というと、すぐに漢方薬を思い浮かびますが、それだけが漢方医学の治療法ではありません。漢方医学には、鍼灸療法など、いろいろな伝統的な治療法が含まれます。鍼灸療法は、ツボや経絡(けいらく)に鍼をさしたり、灸をすえて刺激することで、新陳代謝を活発にしたり、心身のバランスを整える治療法です。

 最近では、特に、さまざまな痛みをやわらげる疼痛緩和の方法として注目を集めています。ツボは正式には「経穴(けいけつ)」といい全身に点在しますが、ツボを押してみて痛かったり、しこりがある時は、対応する内臓や器官に不調がある証拠と考えられます。また、ツボ同士を結ぶラインを「経絡」と呼び、人間のエネルギーのもととなる「気」「血」は、経絡を通って全身をめぐるとされています。このツボや経絡の理論を応用したものが、指圧やマッサージですが、自聞でも行えるなど、鍼や灸にくらべて手軽なことから、一般的に広く行われています。鍼灸療法やマッサージは、おもに、専門の治療院で受けられますが、病院で行っている場合もあります。

 ■鍼は痛くないの?
 鍼治療に使う鍼あ直径約0.2mm程度と、髪の毛のように細いものです。さす時にも、瞬間的に皮膚を通してしまうので、ほとんど痛みは感じないようになっています。

 ■お灸とは?
 一般的には火をつけたもぐさをツボの部分に置き、温熱刺激を与えます。また、直接もぐさを置くのではなく、皮膚とのあいだに薬効のあるものをはさんだり、輻射熱を利用する場合もあります。

 ■鍼灸治療やマッサージに保険は適用されるの?

 鍼灸の保険治療は、ムチウチ、腰痛、神経痛など、慢性的な痛みを伴う症状の場合に認められますが、いずれも医師の同意が必要です。また、マッサージも医療マッサージという分野で、医師の同意のもと一部保険適用外です。事前に各医療機関に確認をしましょう。
▲先頭へ戻る

女性の病気の改善に役立つ漢方医学

 生理痛や生理時の気分の落ち込みなどは、女性に特有の症状。生理は生殖に関する重要な体の働きですが、さまざまな不快な症状に悩む人が多いのも事実です。これらは、ホルモンや心理状態、生活習慣が複雑に絡み合って起こるもの。生理だけでなく、妊娠、出産、更年期障害など、女性の体は生涯を通じてホルモンの影響を受けやすく、それが冷えや肩こり、イライラといった症状となってあらわれることも珍しくありません。これらは注射1本ですっきり治るというものではなく、体質改善を含めて、じっくり治療する必要があります。

 実はこうした症状こそ漢方医学が得意とするもので、婦人病について書かれた漢方医学の古典もたくさんあります。治療においては、まず、子宮筋腫や子宮内膜症、子宮の発育不全などの疾患や、異常がないか調べたうえで、漢方薬の処方などを行います。また、不快な症状の原因が不明な場合、ストレスや不規則な生活、ダイエットが影響していることなどを疑い、生活習慣の指導も行います。
▲先頭へ戻る

漢方医学の治療が効果的な病気

 ■月経困難症
 耐えられないほどの生理痛がある状態。頭痛や吐き気、イライラを伴う場合も多い。「たかが生理痛」と軽く考えずに、積極的に医師の診察を受けましょう。

 ■自律神経失調症
 たがいにバランスをとって体を正常に保つ働きをする、交感神経と副交感神経がうまく機能しないために起こります。ストレスが原因となることも多く、めまいや頭痛など、さまざまな不快症状が起こります。

 ■更年期障害
 めまいや不安、冷えのぼせなど、原因のはっきりしない、不快な症状があらわれることが多いのが特徴です。ホルモンの分泌量が変化する、閉経前後の40~50代の女性に多く見られます。
▲先頭へ戻る

初めて漢方薬を飲む人のために

 漢方薬は、天然の生薬(薬効のある動植物や鉱物)を組み合わせたもので、体質や症状に合わせて、配合や量を調整したりしてきめ細かく処方されます。通常、食前食間の胃に何も入っていない状態で服用しますが、他の薬を合わせて飲む場合は、双方の影響が少ないように、30分以上時間をあけるなど、服用に際して注意が必要です。一般的に、漢方薬というと副作用はないと思いがちですが、それは間違い。体質や症状に合わなければ副作用があらわれます。食物アレルギーのある人や、ほかの薬を服用している人は、処方の際に必ず確認しましょう。

 また、漢方薬は西洋薬に比べて効き目が穏やかで、飲んだその日に効果があらわれる人もいますが、何日か経ってから症状が改善されることもしばしば。だいたい2週間以内に一時的に体調が悪くなり、徐々に快方に向かうのが漢方薬の特徴。副作用との見極めは難しいので、不調を感じたら、すぐに医師や薬剤師に相談しましょう。勝手な自己判断はくれぐれも禁物です。
▲先頭へ戻る

漢方薬Q&A

 ■漢方薬の飲み方
 煎じる
 土瓶などに薬と水を入れて、とろ火でゆっくり成分を煮出し、ガーゼなどでこして飲みます。

 水や白湯で飲む
 飲みやすくするため、生薬を細かく砕いた「散剤」や、それを丸くまとめた「丸剤」、さらにエキス分だけ抽出した「エキス剤」などは、水や白湯で飲みます。

 ■冷え性ではどんな薬が処方される?
 同じ冷え性でも、冷えのタイプやその人の証によって処方される薬は違います。一般的に、以下の薬がよく処方されます。

 ・虚症
 当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくごしゅゆしょうがとう)
 真武湯(しんぶとう)
 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

 ・中間証
 加味逍遥散(かみしょうようさん)
 五積散(ごしゃくさん)

 ・実証
 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
 桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

▲先頭へ戻る

医師の治療、漢方薬を冷えの改善に取り入れる

 「冷え性くらいでお医者さんにかかるのは、大げさでは…」と考える人も多いようです。しかし、漢方医学には「未病」という概念があるくらいですから、冷え性のように、完全な病気ともいいがたい日常の不快な症状の改善は、むしろ得意とするところなのです。日頃のケアだけでは、なかなか症状がよくならないという人は、一度漢方専門医の診療を受けてみては?また、日頃のケアとともに、自分にあった漢方薬を服用するなどして、冷えの改善をはかるのもよいでしょう。
▲先頭へ戻る

« 日常生活の中の冷え性対策 | あるある健康大百科「女性の健康編」トップページ | 排便のメカニズム »