バスルームで冷えの解消:あるある健康大百科「女性の健康編」

« 冷えと美容の関係・後編 | あるある健康大百科「女性の健康編」トップページ | マッサージで冷えを解消 »

バスルームで冷えの解消

半身浴による冷えの解消

 冷え性の解消にももっとも手軽で効果があるのが、半身浴。お湯の温度は38~40℃とぬるめにし、20~30分かけてじっくりと下半身を中心に温めます。「肩まで熱いお湯につかったほうが効果的じゃない?」と思うのは、間違い。たしかに温まった気はするのですが、それは体の表面だけのこと。しかも、熱いお湯は刺激が強すぎて交感神経興奮させてしまい、血行を悪くしてしまうからです。

 さらに、肩までつかると心臓に負担がかかったり、のぼせの原因にも。ぬるめのお湯でも、じっくりつかると体の芯からポカポカしてくるのが分かるはずです。上半身が寒く感じる場合には、乾いたタオルをかけたりして保温しましょう。また、20~30分は意外と長時間。本を読んだり、パックをしたり、お気に入りの入浴剤を入れたりと、いろいろ工夫して入浴時間を楽しいものにしてしまいましょう。
▲先頭へ戻る

半身浴のやり方

 ①下半身を温める
 お湯の量は、みぞおちくらいまでが目安。このくらいだと体にかかる水圧が少なく、長時間ゆったりとバスタブにつかることができます。汗が出ない程度に温まるのがコツ。

 ②入浴中に水分補給
 お風呂から上がった直後に、冷たいものをガブガブ飲むと、せっかく温まった体が冷えてしまいます。お風呂に飲み物を持ち込んで、入浴中に、少しずつ飲むのがおすすめです。

 ③湯冷めに気をつける
 せっかく温まっても、湯冷めをしてしまっては逆効果。湯冷めを防ぐため、入浴後は、足の指の間など、体のすみずみまで水気をふきとります。また、薄着をせず、きちんと下着やソックス、パジャマを身につけましょう。
▲先頭へ戻る

足浴による冷えの解消

 ひどい生理痛やお腹の調子が悪い時など、体の不調でバスタブにつかるのつらいという場合は、服を着たまま行える足浴がおすすめ。専用のフットバスなどもありますが、わざわざ買わなくてもバケツやたらいで代用できます。できれば、ふくらはぎまでつかるくらいの深めのものがベターですが、なければくるぶしくらいの深さのものでも大丈夫です。また、バケツやたらいがないという場合は、バスタブにお湯を張り、バスタブの縁に腰をかけて足だけを入れるのも一つの方法。お湯の温度は、40~42℃が目安で、これは半身浴よりやや高め。足を入れて15分くらいすると、ジワジワと体の芯が温まってくるのが実感できます。

 また、時間がなくて、シャワーだけで済ませたい時にも、足浴はおすすめです。シャワーを浴びる間、バス用のイスに腰をかけ、40~42℃のお湯を張ったバケツに足を入れて、温めます。シャンプーをしたり、体を洗ったりしているうちに、体から芯からポカポカして、バスタブにつかったのと同じようなこうかが期待できます。
▲先頭へ戻る

足浴のポイント

 ポイント①お湯が冷えたらさし湯を
 お湯の温度は40~42℃が目安。足浴をしている最中に冷めてきたら、さし湯をします。あらかじめヤカンやポットに熱いお湯を入れ、そばに置いておくとよいでしょう。

 ポイント②テレビやビデオを見ながら
 部屋で手軽にできるのが、足浴のよさ。大好きなテレビ番組やビデオを見ながらゆったりとすごせば、気分もリラックスできます。

 ポイント③湯冷めに注意
 入浴と同様、終了したらきちんと水滴をタオルでふきとり、ソックスをはくなどして湯冷めを防ぎます。

※1回に20~30分くらいが目安です。
▲先頭へ戻る

手浴による冷えの解消

 「冬になると、手が氷のように冷たくなってしまう」という人も多いのではないでしょうか。手も足と同様、体の末端に位置しているので血行がとどこおりやすく、しもやけやあかぎれなどのトラブルが起こりがちです。そんなときに効果があるのが手浴。洗面器にお湯を張り、そこに手をつけるだけなので、足浴よりもさらに簡単なのが魅力です。お湯の温度は足浴と同じで、やや熱めの40~42℃。ここでのポイントは、マッサージ。約10分間、じっくりと温めながらお湯の中で手指をもみほぐせば、一層ポカポカになります。

 特に、しもやけになりやすい人は血液のもどりが悪いので、手浴後は指先からのマッサージを欠かさずに。ひじだけを5分ほどつける、「ひじ浴」もおすすめの方法です。 冷え性 むくみ 手浴、ひじ浴は冷え性だけでなく、肩こりを解消するのにも役立ちます。肩がこると、私たちはどうしてもこった部分だけをもんだりさすったりしがちですが、それだけでは不十分。手の末端、関節といった血液のとどこおりやすいところを温めて、コリをほぐしましょう。
▲先頭へ戻る

手浴・ひじ浴のポイント

 ■手浴のポイント
 お湯の量は、手首までつかるくらいが目安。熱いお湯を入れたやかんやポットを近くに置いて、お湯が冷めてきたな、と思ったら注ぎ足します。

 ■ひじ浴のポイント
 お湯の温度は、手浴と同じ40~42℃。手で顔を支えるようなポーズでひじだけをお湯につけます。立ち上る蒸気がちょうど顔にあたる格好なので、風邪を引いたときの鼻づまり解消にも効果があります。
▲先頭へ戻る

アロマテラピーで冷えを解消

 アロマテラピーは、日本語に訳すと"芳香療法"。文字通り、香りの効果で心身を癒すことを意味します。アロマテラピーの歴史は古く、ミイラの腐敗防止に香草や香木を使っていた古代エジプト時代までさかのぼります。アロマテラピーで使われるエッセンシャルオイルは、植物の香り成分を濃縮したもの。100%自然のものですが、とても効果が高いので、バスタブには5滴まで、洗面器やバケツの場合は1~2滴を限度として使います。エッセンシャルオイルには、それぞれ効用がありますが、初心者の場合、うんちくよりも、自分がかいで気持ちがよいと思える香りを選ぶとよいでしょう。心がリラックスすると、体もそれに反応するものです。
▲先頭へ戻る

冷えに効くエッセンシャルオイル

 ■スイートオレンジ
 甘い香りが心を落ち着かせ、体全体の循環機能を高めます。

 ■ネロリ
 ミカン科の植物であるネロリは、柑橘系ならではのさわやかな香り。細胞へ働きかけ、体のすみずみまで温めてくれます。

 ■ラベンダー
 沈静効果があることで知られるラベンダーは、実は万能のハーブ。生理痛、ストレス軽減の効果も高く、冷えて眠れないといった症状をやわらげるので、冬の安眠対策には最適です。

 ■ジュニパーベリー
 グリーン系のさっぱりした香りのジュニパーベリーは、血流をよくして、体を温める効果があります。

 ■アロマキャンドル
 好きな香りのアロマキャンドルを浴室に灯して、香りや、炎がかもしだす雰囲気を楽しみましょう。

 エッセンシャルオイルは非常に濃度が高いので、そのまま肌につけたりするとトラブルのもとに。また、ホルモン系に働きかけるものも多いので、妊娠中は使用を避けたほうが賢明。いずれにしても異常を感じたら使用をやめましょう。症状がひどい場合は医師の診察を受けましょう。
▲先頭へ戻る

入浴剤を入れる

 半身浴の基本は20~30分、ゆっくりとお湯につかること。でも、何もしないでこれだけの時間をすごすのは、退屈ですね。バスタイムを楽しむために、好きな入浴剤を使ってみるのはいかがでしょうか。ドラッグストアには、バスソルト、バスオイル、温泉の素などのさまざまな入浴剤がたくさん売られていて、目移りしそうなくらいです。入浴剤を入れると、さら湯よりも体を芯から温めることができるので、冷えの解消にはもってこいなのです。こうした入浴剤は、好みに合わせて選ぶのも楽しいものですが、自分でも簡単に作れます。材料となるのは、エッセンシャルオイルや塩、酢など、身近にあるものばかり。簡単に作れる入浴剤を紹介しましょう。

 「あれこれ調合するのはめんどうくさい」という人は、酒風呂を試してください。バスタブに日本酒2合分を入れるだけと、いたって簡単。お酒はやすいものでかまいません。日本酒には発汗作用のほか、肌をなめらかにする作用があるので、美容の面でもおすすめな方法です。
▲先頭へ戻る

オリジナル入浴剤の作り方

 ■バスソルト(1回分)
 天然塩1/4カップに、好きなエッセンシャルオイルを5滴加えて、よくかき混ぜます。

 ■バブルバス
 シュワシュワと発砲する、楽しい入浴剤も手作りすることができます。重曹大さじ3に対し、クエン酸小さじ2を加え、好きなエッセンシャルオイルを4~5滴たらします。※クエン酸は薬局で手に入ります。

 ■バスミルク(1回分)
 粉ミルクとコーンスターチ、重曹を各大さじ1ずつ混ぜ合わせます。エッセンシャルオイルは加えず、ミルクのやさしい香りを楽しんでください。※粉ミルクがない場合、牛乳20mlで代用できます。

 ■バスビネガー(2回分)
 りんご酢1カップに対し、ドライハーブ(ラベンダー、ジャーマンカモミールなど)1カップを合わせる。ビンなどにつめ、2週間経ってハーブのエキスが抽出されたころが使い時。ドライハーブは取り除いて使用します。3ヶ月くらい保存できます。
▲先頭へ戻る

« 冷えと美容の関係・後編 | あるある健康大百科「女性の健康編」トップページ | マッサージで冷えを解消 »