冷えから体を守る食事:あるある健康大百科「女性の健康編」

« 冷え性の改善と予防 | あるある健康大百科「女性の健康編」トップページ | 冷えと美容の関係・前編 »

冷えから体を守る食事

「食養」という考え方

 中国には古くから、「生命を養うのは食事」という思想があり、これを「食養」と呼んでいます。食養の考え方の基本は、

 ①薬食同源…薬と食べ物は同じ。
 ②食性…食べ物には体を温めるものと冷やすものがある。
 ③五味五色…酸・苦・甘・辛・塩の5つの味と青・白・赤・黄・黒の5つの色でバランスよく。
 ④身土不二(しんどふじ)…その土地の食べ物を大切にする。
 ⑤一物全食(いちもつぜんしょく)…丸ごと食べ、精製されたものはなるべく食べない。

 の5つ。

 難しいことのように思えますが、要は、バランスのとれた食事を心がけて食材を選ぶことで、健康的な食生活を送ることができます。冷え性のように、体質改善が必要な病気は、毎日の食事などから、気を配っていくことが大切です。
▲先頭へ戻る

体を温める食べ物と冷やす食べ物

 食べ物には体を温めるものと冷やすものがあり、これを「食性」と呼んでいます。体を温める食べ物の代表的なものは、冬に収穫されるものや、寒い地域でとれるもの。逆に、南国でとれる作物や夏に旬をむかえるものは、体を冷やすとされます。冷え性の人は、体を温める食べ物を積極的にたべるのが原則。

 もし、体を冷やす食べ物をとる場合は、煮たり炒めたりして熱を加えたり、体を温める作用のあるものと一緒に食べて、上手に食性のバランスをとりましょう。ところで、もっとも体を冷やすのは、合成保存料や着色料などの化学物質。ですから、みそやしょうゆのように毎日使う調味料だけでも、添加物の少ないものを使うように心がけたいものです。
▲先頭へ戻る

冷え性対策の基本は3度の食事をきちんととる

 ダイエット中で食事の量を極端に制限している人、生活が不規則で食事の時間がバラバラだという人はいませんか?食事の量が不足すると、体の中で熱が十分に作られません。また、不規則な食生活は胃腸に負担をかけるため、消化吸収が悪くなり、冷えを招いてしまいます。食事の量は腹八分目を基本にして、3食をバランスよく食べましょう。また、テレビや雑誌では、「この症状にはこの食品がいい」という情報が取り上げられていますが、一つの食べ物があたかも万能であるかのように考えるのは、間違い。

 こうした情報を鵜呑みにして、その通り行っていると、栄養がかたよったり、体の変調を招く危険性も。冷え性対策に万能の食べ物はありません。「食養」の考え方を基本に、いろいろな食品をとることが、冷え解消への近道です。
▲先頭へ戻る

« 冷え性の改善と予防 | あるある健康大百科「女性の健康編」トップページ | 冷えと美容の関係・前編 »