冷えを伴ういろいろな症状:あるある健康大百科「女性の健康編」

« 冷えが招く病気 | あるある健康大百科「女性の健康編」トップページ | 冷え性の改善と予防 »

冷えを伴ういろいろな症状

冷えを伴ういろいろな症状

 時には、冷え性が原因で体調が悪いのではなく、体に疾患があるので冷えを感じるということがあります。このような場合には、重大な病気が隠れていることもあります。また、冷えのほかにもいくつかの自覚症状が見られるのが普通です。次のような病気が疑われる時は、今すぐ医師の診察を受けましょう。

■心臓病
全身に血液を送り出すポンプの役割を果たしている心臓。その力が弱ったり、鼓動のリズムに乱れが生じると、体の末梢部分まで血液が行き渡らなくなり、冷えを感じることがあります。

■甲状腺機能の低下
甲状腺の機能が鈍ると、むくみや疲労感、だるくてしかたがないといった症状が。また、全身が冷えて寒がりになるなどの症状が見られます。

■貧血
貧血は血中のヘモグロビンの量が減る病気。たちくらみやめまいが代表的な症状ですが、血流が悪くなるため、手足が冷えることもあります。

■膠原病(こうげんびょう)
免疫システムの異常によって起こる病気。「全身性エリテマトーテス」「強皮症」などが代表的なもので、手足の冷えや、レイノー現象を起こすことがよくあります。

■レイノー現象
急激な寒さにさらされると、手先の指が白や青、赤色になる現象。膠原病が原因のことも多く、医師の診断が必要です。
▲先頭へ戻る

冷え性の初期症状~ほてり~

 夜寝るときに、足の裏だけがほてって、寝付けない、という経験をしたことはありませんか?意外に思うかもしれませんが、ほてりは、冷え性の初期症状。手足などの末端部分にあらわれることが多く、ポッポッと熱を帯びることから、「自分は冷え性ではない」と思い込んでいる人が多いようです。
 しかし、実際に触ってみると冷たいのに、体が冷えをほてりとして感じてしまうことがあるのです。また、体は熱を逃したくないのに、血管の調節がうまくいかず、放熱してしまったり、血液のもどりが悪いためにほてることもあり、冷えのシグナルである場合も少なくありません。

 この体からのシグナルを見逃すと、冷え性を悪化させることに。ほてりの症状は冷えを克服することで解消されます。ほてっている場所に、シャワーやマッサージなどで、適度な刺激を与え、血流を促すと効果的です。
▲先頭へ戻る

顔だけが熱くなる"冷えのぼせ"

 ほてりと似た症状に、冷えのぼせがあります。症状としては、ほかは冷えているのに、首から上が妙に熱い、というものです。ひどい人では、気温はそれほど高くないのに、汗が出て仕方がないということも。汗をたくさんかくことは、体によってよいことのように思えますが、冷えのぼせが原因となると話は別。体の一ヶ所に熱がたまるということは、熱の運搬にトラブルがある証拠だからです。

 ほてりと同様に、冷えのぼせは冷え性のシグナルだということを覚えておきましょう。思い当たる人は、半身浴で下半身を温めるなど、冷え性対策をしっかり実践しましょう。ぐっと症状が改善されますよ。
▲先頭へ戻る

« 冷えが招く病気 | あるある健康大百科「女性の健康編」トップページ | 冷え性の改善と予防 »