冷えが原因で招く症状:あるある健康大百科「女性の健康編」

« 冷え性 | あるある健康大百科「女性の健康編」トップページ | 冷えを招く原因 »

冷えが原因で招く症状

生理痛

 生理痛があるのは当たり前だと思ってませんか?

 本来、女性にとって生理は体の自然な働き。少々の痛みを伴うことがあるとしても、寝込むほどつらい、貧血を起こしてしまう…、というのは、何かトラブルがある証拠です。
 生理痛の原因の一つは、骨盤内で血液がとどこおり、うっ血すること。漢方医学では、"お血(おけつ)"と呼ばれる状態です。もともと、女性はお血が起こりやすいのですが、冷え性になるとますます血流が悪くなり、症状が悪化します。
 また、生理に伴うイライラや便秘、肌荒れ、にきびなども、この?血が原因になることが多いのです。ただし、あまりにひどい場合は、子宮内膜症など、ほかの病気の可能性も。体を温めるなどのケアを行っても、症状の改善が見られない場合は、早めに専門医の診察を受けましょう。
▲先頭へ戻る

下痢、食欲不振

 もともと胃腸が弱い人は、冷えがおなかを直撃。特に下痢となってあらわれます。ほかにも、腹部が張って不快感がある、おならやゲップがよく出る、吐き気があって食欲がないなどの症状が見られることもあります。冷たい食べ物や飲み物の刺激を直接受けるなど、胃腸はとかくダメージを受けやすいところ。日ごろから、冷やさない、規則正しく食べるなどの注意が必要です。

 このように、体の各部でバランスをとる機能がうまく働いているうちはよいのですが、問題は、体力が落ちている場合。自立神経の調節機能がききにくくなっているため、冷え性におちいれやすくするのです。
▲先頭へ戻る

肩こり、頭痛

 体が冷えると、いろいろな部分に痛みやだるさを感じることがあります。
 冷えが原因の血行不良で、筋肉に新鮮な血液が供給されないと、老廃物がたまり、頑固な肩こりに。この場合、こっている部分をマッサージするだけでなく、血流をよくする運動や食事など、まず、冷えを改善することが、肩こりの解消につながります。また、肩こりと並んで多い頭痛には、おもに血管の拡張によって起こるものと、筋肉の緊張によるものがあります。

 冷え性と密接な関係があるのは緊張型で、体の冷えや心身のストレスが原因の場合も多いので、まずは、原因の解消を心がけましょう。もちろん、頭痛の原因は冷え以外にも考えられるので、痛みが続く場合は、必ず診察を受けましょう。
▲先頭へ戻る

肌荒れ

 よく「顔色が悪い」といいますが、肌は、血流の影響をもっとも受けやすいところ。体調の悪さは、まず顔にあらわれます。肌荒れがひどくなった、化粧のノリが悪い、くすんでいる、ニキビが多くなった…。これらの症状も、冷えが原因の場合があるのです。

 医学的にいえば、肌のトラブルは、栄養や酸素を送り届ける機能の低下や、老廃物がうまく排泄できない状態が招くもの。肌は28日周期で古い角質がはがれ落ち、新しい細胞に生まれ変わる再生機能を持っていますが、冷えが引き起こす血行不良は、このサイクルを崩してしまうのです。そうすると、いくら美容液や化粧水でケアしても、本来の肌の美しさをとりもどすことはできません。肌をいきいき保つためには、高い化粧品を使うことではなく、まず冷えを解消し、体がもともともっている機能をうまく働かせることが大切です。
▲先頭へ戻る

むくみ

 体型を崩すのは、脂肪だけではありません。体に余分な水分がたまるむくみも見逃せないポイント。漢方医学では、この状態を"水毒(すいどく)"とよび、冷え性の原因の一つと考えます。

 人間の体の半分以上は水分。健康な人の場合、ビールの飲みすぎで翌朝顔がむくむ、など一時的にむくみが起きても、水分排泄の機能が働いて、すぐに元にもどります。ところが、水毒が原因で、この機能がうまく働かないと、手足がつねにむくみ、お腹はポッコリという事態に、つまり、冷えは、ナイスボディの大敵でもあるのです。
▲先頭へ戻る

« 冷え性 | あるある健康大百科「女性の健康編」トップページ | 冷えを招く原因 »