生理痛との付き合い方:あるある健康大百科「女性の健康編」

« 子宮筋腫 | あるある健康大百科「女性の健康編」トップページ | 生理痛解消法 »

生理痛との付き合い方

まずは生理痛の原因を知ること

 あなたは、「生理痛があるのは当たり前」と我慢の日々を送っていませんか?

 生理は、動物としての生理現象です。生理現象に強い痛みが伴うことは、まずありえません。例えば、おしっこやウンチを出すときに痛みがあったら病気ですよね。眠ったり、だるかったり、多少の不調を感じることはあっても、健康であれば、生活に影響するほどの問題はないはずです。

 痛みは体からのSOSなのです。その痛みがどこから来るのか突き止めましょう。少しでも疑問に思うことがあれば、必ずお医者さんに行ってください。「婦人科には行きにくく」なっていってる場合ではありません。体に怖い病気が潜んでいないかはっきりさせることが大切です。
▲先頭へ戻る

腰の冷え+硬さ=生理痛

 病気じゃないとわかったら、この先何十年もつらい思いをする必要はありません。即、解消法にトライしましょう。生理痛は、、骨盤の中の状態が穏やかでないときに起こると思われます。それには、運動不足や冷えが大きく関係しています。

 骨盤や、骨盤内の環境が温かく、軟らかくなれば、痛みは軽くなるはずです。場合によっては、すっかり治ってしまうこともあります。自分が冷え症かどうか、自分の体に聞いてみましょう。「やっぱり」と思ったら、冷え性解消法も取り入れましょう。
▲先頭へ戻る

生理のトラブルとストレス

 ストレスとホルモンには、密接な関係があります。体を気持ちよくさせれば、心にも働きかけて、ストレスが軽くなり、ホルモン全体のバランスも整えられるようになります。それに、ストレスを解消することで、体の「冷え」(生理痛の一番の原因)も防ぐことができます。

 生理のトラブルは、ストレスが深く関係しているものです。まずは、体へのアプローチからストレス解消をしてみましょう。少しずつでも効果が現れてくるはずです。
▲先頭へ戻る

« 子宮筋腫 | あるある健康大百科「女性の健康編」トップページ | 生理痛解消法 »