PMS(月経前症候群):あるある健康大百科「女性の健康編」

« 生理痛の原因 | あるある健康大百科「女性の健康編」トップページ | 子宮筋腫 »

PMS(月経前症候群)

PMS(月経前症候群)

 生理が始まる前に起こる不快な症状は、PMS(プレメンストリュアル・シンドローム)と呼ばれています。PMSが起きるタイミングは、生理の2週間~1日前まで。排卵した後、生理が始まる直前までとされています。この時期に起こる体や心の不快感には次のようなものがあります。

・体がむくむ
・乳房が張って痛む
・吹き出物がでやすくなる
・便秘になる
・腰が痛む
・疲れやすい
・とにかく眠い
・甘いものが欲しくなる
・イライラする
・落ち込みやすくなる
・不安を感じる

 それをつらく感じるかどうかは個人差がありますが、心当たりも多いのではないでしょうか。
▲先頭へ戻る

排卵から生理までの体の状態

 生理前の不調は、排卵と生理という、女性特有の体のリズムが引き起こすもの。原因は、排卵時に分泌が活発になる黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響があると考えられています。無排卵月経の人には、PMSは起こらないためです。

 黄体ホルモンが多いときは、体は妊娠しているときと同じような状態になります。体のあらゆる部分に水分をため込もうとするため、体がむくんだり、乳房が張ったりします。吹き出物が増えたり、顔が脂っぽくなるのもそのためです。
 生理前に便秘になるのも、黄体ホルモンが腸の動きを抑えることが関係していると思われます。また、生理痛は、妊娠に備えるために子宮内部に送られる血液の量が増えるので、子宮のまわりがうっ血します。これが、腰のだるさ、下腹部の重さを引き起こします。

 さらに、ホルモンバランスが大きく変化するために、糖の代謝機能が乱れることがあります。生理の前に甘いものが食べたくなるのはそのせいです。排卵から生理までの間、セロトニンやβエンドルフィンなどの脳内物質の分泌が一時的に活発になります。ところが生理が近づくにつれて、その分泌が急激に低下するので、イライラや不安感を起こすのです。
▲先頭へ戻る

PMSとのつきあい方

 PMSも、生理中の不快感も、どちらも生理に関わるトラブルです。起こる時期が違うだけで、といってもいいでしょう。でも、生理の前や生理中ずっと調子が悪いと考えたら、調子がよい時期は1ヶ月のうち1週間しかなくなってしまいます。そんなのは冗談じゃありませんよね?すべては女性ホルモンの起こす「いたずら」と考えて、あまり深刻にならないようにしましょう。気にしすぎると、よけいストレスになって状態が悪化することもあります。

 これらの不調はホルモンのバランスをとることで防げますので、生理の変調が起きる前から、健康管理につとめましょう。生理前、生理中の不調は、ストレスも大きな原因になります。適度な運動をしたり、友達とおしゃべりしたり、一人で何も考えない時間を持ったり、心も体もリラックスできるように工夫することも大切です。

 体を気持ちよくさせる療法は、脳内ホルモンのバランスを整えます。それが、過剰な黄体ホルモンを抑制するので、PMSの状態を軽くすることにつながります。解消法を実践して、体を楽にしてあげましょう。
▲先頭へ戻る

生理痛がひどいとき

 生理のときに激痛がある場合は、子宮周辺の病気が疑われます。急に痛むようになった、経血が多くなった、おりものの様子がおかしい、というように、体からのサインがあるはずです。自分に体を観察して、おかしいと感じたら、お医者さんに相談してみましょう。放っておくと、症状が悪化する場合があります。
▲先頭へ戻る

« 生理痛の原因 | あるある健康大百科「女性の健康編」トップページ | 子宮筋腫 »