虫歯の治療と予防:あるある健康大百科「歯の健康編」

« 歯の構造と8020運動 | あるある健康大百科「歯の健康編」トップページ

虫歯の治療と予防

虫歯の原因もプラーク

 虫歯の原因は、歯周病の原因とまったく同じで、プラークや歯石が付着して、細菌によって歯が侵されることによって起こります(う蝕)。

 まず表面のエナメル質が侵されますが、この段階では痛みはほとんどありません。続いてその下の象牙質に達すると、ここには象牙細管と呼ばれる細い線維があり、そこから冷たいもの、熱いものなどの刺激が歯髄に伝わります。歯髄には神経があるので、痛みを感じるようになります。

 歯髄で炎症が起こると、回りが非常に固い組織で炎症の逃げ場がないため、激しく痛みます。お風呂に入ってあたたまった後とか、お酒を飲んだ後に痛むのは、歯髄が膨張するためです。冷やすと痛みが少しおさまります。
▲先頭へ戻る

虫歯は歯科医で治療しなければ治らない

 虫歯は、風邪などの病気と違い、ほうっておいても絶対に治まりません。歯科医の治療を受ける以外にはありません。早く治療を受ければ受けるほど、痛みも少なく、治療期間も短く、当然、費用も少なく済みます。一日も早く歯科医に診てもらうことです。
▲先頭へ戻る

虫歯の治療

 基本的には、虫歯に侵された部分を削り、そこに詰め物をしたり、被せたりします。悪化した虫歯では、神経の部分、すなわち歯髄を取り去ることもあります。なるべくやりたくないことですが、やむをえない場合があるのです。さらに状態がひどい場合は、歯は抜いて義歯などを入れることになります。
▲先頭へ戻る

インレー・クラウン

 "インレー"とは、虫歯の部分を削り、歯型を取り、削った部分の形に合わせてワックスでインレーを作り、それを金属に置き換えて歯に詰めるものです。"クラウン(冠)"は、歯全体にすっぽりと被せる、歯の帽子のようなものです。

 基本的には保険の範囲内ですべての治療ができるようになっていますが、金合金やセラミックなどの保険外の材料を使う場合は保険が適用されませんので、歯科医とよく相談しながら治療を進めてください。
▲先頭へ戻る

虫歯も予防はブラッシング

 虫歯も歯周病と同じで、プラークや歯石が原因ですから、これをブラッシングによってまめに取り除くことが、一番の予防法です。そして、正しいブラッシングを行っていれば、ほぼ100%、虫歯は予防できるのです。

 同時に、やわらかい食べ物や糖分のあるものを、あまり多くとらないことも大切です。やわらかい食べ物は歯やその周囲の組織に付着しやすく、また、糖分は細菌と結びついてプラークを形成しやすいからです。
▲先頭へ戻る

« 歯の構造と8020運動 | あるある健康大百科「歯の健康編」トップページ