加工食品でダイエット:あるある健康大百科「ダイエット編」

« ラズベリーケトンについて | あるある健康大百科「ダイエット編」トップページ | 「やせるグッズ」って効くの? »

加工食品でダイエット

ダイエットに使える加工食品

 ほとんどの加工食品はダイエットには適しませんが,実は加工食品の中にもダイエットサポート用加工食品があります。それは株式会社ニチレイのダイエットナビシリーズです。レトルト加工なので簡単に調理でき,種類もシリーズあわせて10種類以上あるので,男性や,一人暮らしのダイエッターにも大変使い勝手がいいと思われます。

 ポイントは,ごはんとおかずが共にレトルト食品でありながら,ダイエット用に1食(ごはん,おかず,スープ)を合計300kcal前後に抑えてある点です。

 油に関してもカロリーを抑える必要から,通常のレトルト食品のように大量に使うこともなく,それにしてはコクのあるおかずが用意されており,ごはんについてはマンナンヒカリ(こんにゃく)が半分入っているため,やや味が落ちるものの,カロリーは一食あたり普通の白米に比べて30%以上カットされています。
▲先頭へ戻る

ダイエットジュースでの断食

 ダイエットサポートジュースを飲んで食事摂取基準におけるビタミン類の大半を補充するという方法があります。このジュースを用いた短期のジュース断食を行うと,24~48時間で2~3キロの体重減が見込めるのです。

 ただし,このときに体重が減る主な原因は体内の水分の減少であり,リバウンドしやすい方法なので,くれぐれもダイエット後のケア(暴飲暴食をしない)は怠らないようにします。また,断食期間は48時間以内に留めます。連続して取り組む場合は3日間以上の間をあけることをおすすめします。実行にあたっては自己責任にて行いましょう。

 ダイエットサポートジュース1日分(24時間分)をつくり,できたジュースは8分の1ずつコップに小分けします。残りは冷蔵庫へ入れ,その小分けしたコップのジュースを3時間かけて少しずつ飲みます(一気に飲まないのがポイント)。また同時にコップ半分程度の水も飲みます(脱水防止,少しずつ飲む必要なし)。

 その他の食べ物は一切食べないようにし(水は多めに摂ってよし),これを8回繰り返し24時間(3時間×8回)を終えます(寝ている間は飲まなくてもOK)。48時間のダイエットの場合は再度ジュースを作り以上のことを繰り返します。

 このような特殊な食事法を用いるダイエットは,糖尿病を含む生活習慣病を抱えている人,妊娠中,または授乳中の人,医師の処方にかかっている人など,健康上に問題を抱えている人は行わないことです。
▲先頭へ戻る

ノンカロリーのデザートでできるダイエット

 ダイエット中だけどデザートは食べたいという人は,ノンカロリーデザートを試してみてはどうでしょうか。最近,カロリーオフやノンカロリーの清涼飲料水が増えており,このノンカロリージュースを使って,甘いのにノンカロリーのデザートを作ることができます。

 用意する食材は,好きな「ノンカロリー飲料」と「粉末かんてん」と「水」のみです。かんてんはゼラチンと違ってカロリーがないので,全部あわせてもなおノンカロリーです。

 味は,水で薄めている分だけ元の飲料水の味にはかないませんが,ノンカロリーということを考えれば許せる範囲ではないでしょうか。味よりもノンカロリーということにこだわる場合は何も入れませんが,果物などを入れた低カロリーデザートにすると味的にも十分満足できます。
▲先頭へ戻る

加工食品で気をつけること

 食品会社の開発部にはほとんどの食品といっていいほど豊富な種類の食品の味を作る“粉”や“フレーバー”がサンプルとして常備されています。みそ汁にアサリ味の“粉”を一つまみ入れると,アサリが一つも入っていないのにアサリ味のみそ汁ができます。水道水に一滴のオレンジフレーバーを入れると,水道水からフレッシュなオレンジの香りが漂ってきます。

 このような食品で日々の食生活を営もうとすると,よほどの知識と経験がない限り食生活は混乱の極みとなってしまいます。また,加工食品は効率よく味覚を整えつつ大量生産を行い,かつ品質保持期限をのばしつつ,原価を抑えるためにさまざまな工夫が施されています。

 例えば,添加される油一つにしても,安価で変質しにくく,味がうまいものが選ばれ,どの加工食品も最終的には似たような油を使う結果となりがちで,おまけに一言で「油」と言ってもその種類は何十種類もあり,それを偏って食べれば,健康にはよくありません。得てして選ばれる油は太りやすいものになりがちです。
▲先頭へ戻る

« ラズベリーケトンについて | あるある健康大百科「ダイエット編」トップページ | 「やせるグッズ」って効くの? »