マクガバン・レポートと日本の現状:あるある健康大百科「ダイエット編」

« 宴会で太らないために | あるある健康大百科「ダイエット編」トップページ | 日本人の食生活の変化と肥満について »

マクガバン・レポートと日本の現状

マクガバン・レポートと日本の現状

 1975年当時,アメリカ合衆国政府およびその国民は,ガンや心臓病などの増加,またそれに伴う医療費の増大に悩まされていました。そこで上院に栄養問題特別委員会を設置し,世界規模での食事と健康に関する調査を行うことになったのです。

 その結果は2年後の1977年に5000ページにものぼる報告書として発表され,世界中の栄養学に関わる専門家に大きな影響を与えることとなりました。栄養学の世界では有名な報告書で,委員長の名をとって通称「マクガバン・レポート」と呼ばれているものです。

 このマクガバンレポートから明らかにされたことは,ガン・心臓病・脳卒中などの現代病の主たる原因は,間違った食生活にあるということでした。そして,それらを防ぐために最も望ましい食生活のパターンが伝統的な日本人の食生活と酷似していることだったのです。

 今でもアメリカ人が日本食のことをヘルシーフードだと思っているのは,この報告書の影響だと言っても過言ではないでしょう。

 ところがアメリカの専門家をして,健康のための食生活に最適と言わしめた日本型食生活の発祥の地である日本では,逆に食の欧米化が進み,肥満を含む現代病に関して言えば食生活が悪化の一途をたどっているといわざるをえない状況にあります。

 ちなみに,先のマクガバンレポートにおいて示された食事改善目標は,「動物性脂肪も植物性脂肪も減らすが,植物性脂肪の割合を多めにする,でんぷん質をもっと多めにする,コレステロールを減らす」などと,ここ数十年日本人が歩んでいる方向と全く逆の方向を示しています。
▲先頭へ戻る

タンパク質の功罪

 タンパク質は,体内で筋肉や酵素,ホルモン,コラーゲンとなる,人間が生きていく上で非常に重要な栄養素です。しかも体内では合成できないために,必ず一定量は食物として摂取しなければなりません。そのため,ほとんど全てのダイエットの専門家がダイエット中も十分なタンパク質を摂るように,指導しています。

 ところが一方で,タンパク質は食べ過ぎれば脂肪として蓄積されることになってしまいます。これは,人間の身体がある程度なら体内で炭水化物やタンパク質を脂肪に換える機能を持っているためで,これを三大栄養素の相互変換と呼びます。

 現代の日本人の多くは食の洋食化によりタンパク質を過剰に摂取しすぎている人が増加しています。タンパク質(特に動物性タンパク質)の摂りすぎは,動脈硬化や大腸がんのリスクを増やすことになります。

 それは,タンパク質の分解過程でできるアミンという物質が体内で他の物質と結びつくことにより発ガン性の物質に変わるためです。

 加えて,現在増加傾向にあるアレルギー疾患に関しても,その原因はある種のタンパク質であり,恒常的にタンパク質を過剰摂取している現状が,その増加を助長しているという説もあります。タンパク質も食べ過ぎれば健康に良くない面を持っているのです。
▲先頭へ戻る

ミルク・パラドックス

 「ミルク・パラドックス」とは,カルシウム補給のために牛乳を飲むと,牛乳自体のタンパク質や食生活全体が洋食化するために多くなるたんばく質によりカルシウムが体外に排出され,かえって骨そしょう症などのカルシウム欠乏症が増えてしまうという説です。

 日本でも戦後牛乳の普及が進められてきましたが,牛乳の消費量は伸び続けているにも関わらず,カルシウム不足による骨そしょう症などの患者が増えつづけている現状は,日本人もミルク・パラドックスに陥っているからだと指摘する専門家も最近増えてきています。

 タンパク質は,植物や魚,卵など,ほとんど全ての食品に多かれ少なかれ含まれているので,肉を除いた食生活をしたとしても,豆類や魚介類,卵などを日常的に摂取していれば足りなくなることは考えにくいものです。むしろ肉を食べることでタンパク質を過剰に摂取することを防止する必要があるといえるでしょう。
▲先頭へ戻る

脂肪の摂取量に注意をはらう理由

 脂肪は,炭水化物やタンパク質に比べてエネルギー量が多く,同じ重さを食べたときに体に蓄積されるカロリーは格段に多くなります。

 そこで,この動物性脂肪の摂取量を手っ取り早く減らし,食事全体のカロリーを減らす手段として肉を食べないことが役に立つのです。ちなみに同じ重さの炭水化物やタンパク質に比べて脂肪のカロリーは2倍以上となっています。

 さらにマクガバンレポートによれば,動物性脂肪の摂取量が増えると大腸ガンや乳ガン,動脈硬化などになりやすくなることが報告されています。そう言う意味では,動物性脂肪の摂取量が過剰になりがちな人などは,肉由来の動物性脂肪を減らすことを真剣に考えるべきだといえるでしょう。
▲先頭へ戻る

« 宴会で太らないために | あるある健康大百科「ダイエット編」トップページ | 日本人の食生活の変化と肥満について »