宴会で太らないために:あるある健康大百科「ダイエット編」

« ジョギングダイエット | あるある健康大百科「ダイエット編」トップページ | マクガバン・レポートと日本の現状 »

宴会で太らないために

食欲を減らす方法

 例えば会場に行く途中のコンビニなどでおにぎりなどを購入し,お腹に入れてから宴会に望むことで食欲を減らすことができるでしょう。宴会やパーティで出る料理は基本的に太りやすい食材(糖や油脂)にあふれています。そのため,食べすぎればダイレクトにお腹の脂肪となってしまいます。

 宴会で少しばかり食べ過ぎることが予想される日は,例えば朝食や昼食を減らして,一日トータルで食べ過ぎないことを心がけるとよいでしょう。暴飲暴食はダイエットには大敵ですが,せっかくの宴席で宴会料理を堪能できないというのも,考え物です。
▲先頭へ戻る

本来の目的に専念すること

 宴会,パーティは人とのふれあいを楽しむ場と心得,本来の目的である「社交」に専念して,料理については,できるだけ考えないようにするとよいでしょう。

 また宴会やパーティ後の別の予定は予め決めておくとよいでしょう。2次会,3次会,さらにはその後のラーメンやお茶漬けまで食べるようでは,簡単に肥満状態になってしまいます。
▲先頭へ戻る

損から得へと発想を転換

 料理を決して食べ過ぎないことこそパーティの基本原則だと心得て,パーティ会場を後にするときに「今回も余計な脂肪をつけずに得した」と思えるように,発想を転換する習慣をつけるとよいでしょう。

 「会費を払ったのだから」,「残すともったいない」といった「食べなければ損をする」という気持ちで宴会にのぞむのではなく…。

 また、パーティでは様々な食材がならんでいます。そこで,どうせ食べるのなら普段不足しがちな野菜,果物,シーフードなどを中心に適量を選ぶと健康管理も兼ねてべターだといえるでしょう。  さらに、ビュッフェスタイルのパーティでは,必要な料理を取ったら料理があるテーブルからは速やかに離れて近づかないようにしましょう。また,会席料理でも全てを食べようとせずに,余計な料理は持ち帰り用として折り詰めに詰めてもらうように心がけるとよいでしょう。
▲先頭へ戻る

アルコール量を調節する

 お酒は,できれば飲まない方がよいのですが,飲む場合は水割りなどを選ぶようにして,アルコールの量を調整するように心がけたいものです。お酒は,それ自身のカロリーもさることながら,食欲を促進させる原因となります。

 とはいっても、お酒の席では,おそらくいろいろな人からお酒をすすめられることでしょう。そういった状況で上手に断るためにも,常にウーロン茶を手に持っていることが役に立つでしょう。
▲先頭へ戻る

キッパリと断ろう

 料理にしろ,お酒にしろ,2次会にしろ,必要がなければキッパリと断るようにしましょう。パーティや宴会を,相手に不快感を与えずに上手に自己主張する練習の機会ととらえるのも一法だといえます。
▲先頭へ戻る

« ジョギングダイエット | あるある健康大百科「ダイエット編」トップページ | マクガバン・レポートと日本の現状 »