手軽にワンバッグ・ダイエット:あるある健康大百科「ダイエット編」

« ベジタリアン・ダイエットの効果 | あるある健康大百科「ダイエット編」トップページ | ジョギングダイエット »

手軽にワンバッグ・ダイエット

2~3日で行えるワンバッグ・ダイエット

 ワンバッグダイエットは,ダイエット中の食料をあらかじめ用意し,一つの袋(ワンバッグ)に詰めてしまうダイエット法です。

 ただし,基本原理はカロリー制限なので,長く続けたり,頻繁に行うと逆にリバウンドを起こしやすくなるので注意を要します。また,かなりハードなダイエットとなるので,それ相応の覚悟も必要です。

 一例として,下記に3日間のコースを説明しますが,2日間のコースにする場合は,それぞれの量を単純に3分の2にするとよいでしょう。
▲先頭へ戻る

ワンバッグ・ダイエットで用意するもの

 【用意するもの】

 ・ リンゴ3個。
 ・ 固くて長いフランスパン3本。
 ・ 常温保存が可能な(LLパックの)牛乳200ml程度のものを6パック。
 ・ 落花生100g。
 ・ うずらの卵の缶詰(味つき可)3缶。
 ・ チキン,ホタテ,豆等の自分の好きな缶詰(1個当たり100kcal以下)合計3缶。
 ・ 総合ビタミン剤適量。粉末スープ3食分。塩少々。お菓子またはお酒(お菓子の場合は総計400キロカロリー以下,お酒なら700m程度のウイスキーやワイン等)。
 ・ ペットボトルの水・お茶又は水筒。
 ・ それらがすべて入る袋やカバン。

 牛乳が飲めない方は,その他の飲み物でもかまいませんが,念のためカルシウム剤の併用がおすすめです。また,卵が食べられない方は,その他肉系の缶詰で代用するとよいでしょう。お菓子やお酒を普段食べない方は,その他食品に変えてもよいでしょう。

 あとは,これらを一つの袋に詰めて,3日で食べるだけです。このときの食べ方は自由で,水やお茶は袋以外の物を飲んでもかまいません。また,下記の点を心がけると成功率が上がります。

 ・ ダイエットする3日間は,ストレスが少なく,時間に余裕がある日を選ぶこと。
 ・ ダイエット中は食料品店に行かないこと。
 ・ ダイエット中は冷蔵庫を開けないこと。
 ・ 外出するときは,できるだけお金を持たないこと。
 ・ ウォーキング等の運動に励むこと。

 さらに,ワンバッグの効果を最大限発揮させるために,このカバンを持って3日間の小旅行などに出かけると効果が高くなります。ただし目的地は,繁華街ではなく,山間の温泉地や海のきれいな離島など,心が落ち着く場所にするとよいでしょう。
▲先頭へ戻る

« ベジタリアン・ダイエットの効果 | あるある健康大百科「ダイエット編」トップページ | ジョギングダイエット »