ベジタリアン・ダイエットの効果:あるある健康大百科「ダイエット編」

« ダイエットと時間の関係 | あるある健康大百科「ダイエット編」トップページ | 手軽にワンバッグ・ダイエット »

ベジタリアン・ダイエットの効果

ベジタリアン・ダイエットの効果

 ベジタリアンの食事をアレンジしたものをダイエット法の一つとして取り入れると,シンプルで効果的なものになります。「肉(牛,豚,鳥)を食べない」食生活を送ることで,脂肪の摂取量が極端に減るのです。

 また,このダイエット法は肉を食べない分だけ,自然に穀物や野菜,果物を食べるようになり,ビタミンや食物繊維,ミネラルの摂取量が多くなる特徴があります。

 さらに,動物性脂肪の摂取が減るために汗の嫌なニオイの元である脂肪酸の分泌が少なくなり,体臭も減るという効果もあります。

 また,このダイエット法は「穀物と豆と魚」を中心にする日本型食生活に通ずるものがあり,ダイエットだけでなく食生活が健康的になるというメリットもあります。
▲先頭へ戻る

ベジタリアンの食事メニュー

 ベジタリアン,すなわち菜食主義者の食事メニューは,動物性脂肪が少ないことで知られています。私たちはよく肉はタンパク質が多いと教えられますが,肉はさらに脂肪も多く含んでいます。

 例えば,和牛のかたロース100gにはタンパク質が13.8g入っていますが,脂肪はその2倍比上の37.4g入っています。ステーキなどで食べるサーロインには,タンパク質が11.7g入っていますが,脂肪はその4倍以上の47.5g入っているのです(五訂日本食品成分表)。

 そのため,肉を食べないだけで,かなりの脂肪の摂取を抑えることができるというわけなのです。ダイエットを実行する上でのルールとしては,魚,卵,乳製品は食べても可とします。
▲先頭へ戻る

« ダイエットと時間の関係 | あるある健康大百科「ダイエット編」トップページ | 手軽にワンバッグ・ダイエット »