体重測定はとっても重要:あるある健康大百科「ダイエット編」

« お風呂でダイエット | あるある健康大百科「ダイエット編」トップページ | ダイエットと時間の関係 »

体重測定はとっても重要

体重測定の重要性

 定期的に体重を測りグラフ化するということには,次のような効果があります。

 ・自分に合ったダイエット法を見つけたり,ダイエットの進行状況を視覚的に把握できる
 ・自分がダイエット中であるという意識を定期的に思い出させてくれる

 そういった意味でも,本気でダイエットに挑戦しようとする人は,まず基本中の基本である「体重測定」をマスターすることは,たいへん効果的だといえるでしょう。ある意味,「ダイエットは体重測定に始まり体重測定に終わる」と言えます。

 ダイエットを志す人は多いものの,ダイエットに役に立つ体重の測り方を知っている人は,案外少ないものです。思いつきで体重を測って一喜一憂している人は多いのではないでしょうか?

 体重を測るタイミング一つにしても,食事の前後,トイレの前後,睡眠の前後,運動の前後などでは数百グラムから場合によっては数キロの体重の変化があります。

 せっかく体重を測っても,その記録をしていないと,いつ,どのような状況で体重が減ったのか,つまり何がダイエットに有効だったのかを見過ごしてしまうのです。こういった状況に対して有効となるのが,日々の体重測定と,その記録(グラフ化など)なのです。
▲先頭へ戻る

体重測定のタイミング:初級

 いつかは本気で始めるつもりだが,今はダイエットを一休みしているという人や,体重よりも体脂肪を減らしたいという人におすすめする体重測定のタイミングは起床直後だといえます。これは最も手軽に長期的な体重の変動を把握することができるからです。
▲先頭へ戻る

体重測定のタイミング:中級

 1日4回の体重測定はちょっと難しいという方におすすめするのが,起床直後と就寝直前に体重を測り記録する方法です。

 1) 起床直後の体重…食事や排便など大きな体重の変化に影響されないため,日々の変化を正確に把握するのに役立つ。
 2) 就寝直前の体重…夜食の抑制や一日という単位でのダイエットの進行状況を把握するのに役に立つ。

 ちなみに,就寝直前の体重が起床直後の体重より同じか軽いなら,その日一日のダイエットは成功したと言えます。なぜ体重が同じでも成功かといえば,人は寝ている間に必ず体重が減るので,起床直後の体重=就寝直前の体重なら,次の日は必ず体重がその日よりも減ってスタートするからです。
▲先頭へ戻る

体重測定のタイミング:上級

 まず,最低でも200g単位で測れるデジタル体重計を用意します。次に,以下の4つのタイミングで体重を測定します。

 【起床直後】
 【朝食直後】
 【夕食直後】
 【就寝直前】

 いわゆる病院での肥満治療や肥満カウンセリングなどで使われている方法です。しかしながら,その気になれば誰にでもできる方法でもあります。

 注意しないといけないのは,あくまでも直前直後にこだわるということでです。たとえば起床直後は水を飲んだり,トイレに行ったりする前など,あくまでも起きてすぐ(直後)に測らなければなりません。

 そして各タイミングごとの体重から,折れ線グラフを作ります。どうしても測れなかった場合は空白にしておきます。

 このグラフは,生活のスタイルによって若干違ってきますが,おおむね食生活が安定している人は,一定の波形を描きます。きれいな波形を描きながら徐々に体重が落ちていくようであれば,理想的なダイエットを行っていると言えます。

 逆に言えば波形が整わない時は,欠食や間食などで,食生活が乱れたことを意味しています。つまり波形が乱れた時(日,週)に,何があったのか,何をしたのかを考えることで,自分のダイエットの障害や弱点がわかるのです。
▲先頭へ戻る

« お風呂でダイエット | あるある健康大百科「ダイエット編」トップページ | ダイエットと時間の関係 »