ダイエットはルールを守って効果的に:あるある健康大百科「ダイエット編」

« ダイエットに必要な考え方について | あるある健康大百科「ダイエット編」トップページ | 運動ダイエットで消費カロリーを上げるには »

ダイエットはルールを守って効果的に

「一日三食たべる」意味は

 「一日三食たべる」ということは,正確には「一日三食しか食べない」ということです。場合によってはそれが二食や一食でもかまいませんが,とにかく一日に食べる食事の回数をきちんと決めて,まずそれを守ることから始めてみる,という意味です。

 どうしても甘いものやお菓子が止められない人は,三食を摂るときにデザートを食べればいいわけなので,甘いものなどを一切止める,ということにはならないのです。

 「10キロ以上体重を落としたい」など,本当にやせたい人に有効な方法は,「一日三食たべる」ということなのです。これは一見,当たり前ですが,実は太ってしまった人は,ほとんど無意識のように何かを食べていたかも知れないのです。

 テーブルの上にあるお菓子や果物などに(お腹が減ってもいないのに)何となく手を伸ばしてみたり,テレビを見ながら何気なく何か食べていたり,昼の残り物を「もったいない」などと言いながら,何のためらいもなく時間差で食べてしまったりする傾向は,ないでしょうか。

 もっと極端な人になると,冷蔵庫の前を通るたびに扉を開けて何かをつまんでみたり,職場のデスクの上や引き出しにお菓子を常備して思いついては食べてみたり,ということもあるでしょう。
▲先頭へ戻る

一定のルールを守ることによるダイエットの効果

 食事の前に一定のルール(食事の前に水=水を飲まずに食べない)を守ることで,日頃はあまり意識されなかった食事の量が減っていったり,食事の全体像が分かりやすくなったことでコントロールしやすくなり,総摂取カロリーが結果的に減るといった効果に繋がります。

 古典的なダイエット法に,食事の前に水を飲んだり,サプリメントを飲んだりするものがありますが,これで実際に体重が減ることがあります。これは,水やサプリメント自体に痩身効果があるわけではなく,上記理由によるものです。
▲先頭へ戻る

« ダイエットに必要な考え方について | あるある健康大百科「ダイエット編」トップページ | 運動ダイエットで消費カロリーを上げるには »