男性のダイエット:あるある健康大百科「ダイエット編」

« 計るだけダイエット | あるある健康大百科「ダイエット編」トップページ | ダイエットの基本は体を動かすこと »

男性のダイエット

男性のダイエットについて

 スポーツの世界でも,いわゆるプロといわれる人は,ほとんどの分野で女性に比べ男性の方がはるかに多いわけですが,彼らが求めるものはスリムな身体ではなく,パワー,スピード,スタミナを持つ身体であります。

 また,ビジネスの世界においても,肉体的または精神的なタフネスを要求される分野に身をおく男性にとって,ただ単にスレンダーな身体を求めることは競争社会を生き抜く上で死活問題となりかねません。

 そこで,男性が気をつけなければならないのは,お腹や背中についた贅肉が気になりだしたからといって,安易にやせることのみを求めてはいけないということです。女性に比べて,スリムになることの優先順位が低い男性は,ダイエットしたいと願っても途中で挫折する確率が格段に高いからです。

 そのかわり「自分の必要とする能力を最大限発揮できる身体になる」ことに焦点を合わせた方がよいでしょう。すなわち,男性のダイエットとはやせることではなく「使える身体になること」なのです。

 そう定義することで,ダイエットのイメージをよりポジティブにし,結果的に「やせること」を自分のからだに獲得することが可能となることでしょう。
▲先頭へ戻る

男性がダイエットに敏感でない理由

 「ダイエットは女性がやるものだ」と思っている男性は,未だ多いと思われますが,それは古い考え方になりつつあるといえます。

 現在,日本人の30代男性はおよそ3人に1人が肥満者といわれています。そしてこの割合は昭和50年代に比べると,およそ2倍となり,また,男性のみが毎年肥満者の割合を増やしている傾向にあります。このことから,ダイエットはもはや男性の必須科目ともいえるわけですが,ダイエットという言葉に女性ほど敏感になれないのが男性だともいえます。

 男性の中には,むしろダイエット,スリム,スレンダーなどの言葉に嫌悪感すら抱く人々もいまだに多いかもしれません。このことは端的に言えば,男性の見た目のスタイルはあまり重要でないという意識傾向をあらわしていると思われます。

 例えば,人類の歴史をひも解いてみると,子孫繁栄のために強力な武器となったのが女性の場合「美容」であったのに対し,男性の場合は「富」と「権力」でありました。このことは今でも社会的通念として,さほど変わらず残っているように思われます。

 理想の結婚相手に求める条件として,男性は常に「美人」や「スタイルのよさ」を上位にあげるのに対し,女性は「やさしさ」や「経済力」を上位の条件にあげることは,雑誌等のアンケート結果でごく普通に見られる傾向であります。
▲先頭へ戻る

男性のダイエットの進め方

 ダイエットに関しては女性より男性の方が困難な問題を抱えていることが多いのですが,結論を言えば男性はシンプルでわかりやすいダイエットを行うことがポイントとなります。

 ダイエットに集中しにくい男性にとって,ダイエットをできるだけシンプルにすることが,考える時間を減らし,心理的なストレスを減らすことになり,ダイエットを成功に導く鍵となるからです。

 例えば,朝食を一切とらない,肉類をできるだけとらない,というような分かりやすいものにすると,継続的なダイエットを行いやすくなるでしょう。
▲先頭へ戻る

« 計るだけダイエット | あるある健康大百科「ダイエット編」トップページ | ダイエットの基本は体を動かすこと »