グァバダイエット:あるある健康大百科「ダイエット編」

« キチン・キトサンダイエット | あるある健康大百科「ダイエット編」トップページ | カルニチンダイエット »

グァバダイエット

果実ではなく葉っぱに有効成分がある

 グァバは,東南アジアや熱帯アメリカ原産のフトモモ科の植物です。日本では沖縄にも自生しており,ばんじろうと呼ばれています。グァバの果実は,ビタミンCが豊富に含まれており,トロピカルなジュースとして人気がありますが,このジュースは,ダイエットには効果がありません。ダイエットで注目を集めているのは果実のほうではなく,グァバの葉っぱのほうなのです。

 グァバの葉っぱは,長さ5~17センチ,幅4~8センチの楕円形をしており,噛むと苦味や渋味があり,とても食用にはなりません。ただ,葉っぱは下痢や消化不良によく効くということで,一部では薬用として利用されてきました。中国では血糖値を下げることから,糖尿病の薬として用いられてきたのです。

 しかし,近年,グァバの葉っぱに含まれる「グァバ葉ポリフェノール」が,血糖値を下げる効果があることがわかり,いちやく注目されるようになりました。ポリフェノールは,お茶,ワインなどが有名ですが、グァバ葉ポリフェノールはひとあじ違う働きがあります。

 胃からは,食べものの糖質を分解してブドウ糖に変換する酵素が分泌されますが,グァバ葉ポリフェノールは,この酵素の活性化をブロックするのです。

 また糖質はブドウ糖に変換されなければ吸収されません。このことから,インスリンの分泌が抑えられるだけでなく,ブドウ糖が脂肪に変わる量が少なくなり,結果的にダイエットに効果があるとされています。
▲先頭へ戻る

ポリフェノールのほか多くの有効成分が含まれる

 グァバの葉っぱは,ポリフェノールのほか葉緑素,葉酸,ビタミンA・B2・C・E・カリウム,食物繊維が含まれています。中でも果実にもたっぷり含まれているビタミンCには,抗酸化作用があり,循環器系の病気を防止したり,皮膚の老化を防止する効果があります。

 グァバの葉っぱは,一般的には乾燥させてお茶にして飲みます。そのほか,葉っぱからエキスを抽出した健康食品もあります。

 グァバ茶は,果実と違ってトロピカルな味はしません。味はくせも匂いもなく,ほうじ茶のような感じでとても飲みやすいです。グァバ茶は日本茶と同じように,熱湯を注ぐだけでよく,甘く,ほのかな香りがただよってきます。また,冷蔵庫に保存して,冷えたお茶にしてもおいしく飲むことができます。

 グァバ葉ポリフェノールを日常的にとるには,まさにお茶代わりにグァバ茶を飲むのが手軽です。しかも,グァバ茶は,ほかの健康食品よりかなり安いため,ダイエットを長続きさせることができます。
▲先頭へ戻る

ポイント

 1)お茶代わりに日常的にグァバ茶を飲む
 2)食物繊維が不足している人はグァバが最適
 3)グァバのエキスはサプリメントとしてとる
▲先頭へ戻る

« キチン・キトサンダイエット | あるある健康大百科「ダイエット編」トップページ | カルニチンダイエット »