コーヒーダイエット:あるある健康大百科「ダイエット編」

あるある健康大百科「ダイエット編」トップページ | アミノ酸ダイエット »

コーヒーダイエット

コーヒーは脂肪を分解する

 かつては「コ-ヒーは胃によくない」などと誤解されていましたが,今ではコーヒーに含まれるカフェインの効果が注目されるようになってきています。その効果のひとつがダイエット効果です。
 1日に5,6杯のコーヒーを飲むコーヒーダイエットは,コーヒー好きな人にとっては,やりやすいダイエット法でしょう。

「本当にそんなことでダイエットできるのだろうか」という疑問もあるでしょう。

 実は,コーヒーに含まれるカフェインが体内に取り込まれると,体内活動を覚醒させるアドレナリンが分泌され,脂肪細胞に働きかけて分解を促進し,血中に脂肪酸として放出されていくのです。

 ただ,カフェインのとりすぎは,不眠や興奮,動悸などの副作用もあるので,体調に気をつけながらコーヒーを飲むことが重要です。
▲先頭へ戻る

砂糖を入れずにコーヒーを飲む

 どうしてもコーヒーは好きになれないという人は,日本茶,紅茶などを利用してもよいでしょう。玉露や紅茶には,コーヒーより多くのカフェインが含まれているからです。

 ちなみにコーヒーに含まれるカフェインの量は,生豆では重量の1.2%,炒り豆では1.3%,インスタントコーヒーには0.8%が含まれています。そして,ペーパードリップでいれたレギュラーコーヒーで0.4%,インスタントコーヒーで0.01%となっています。

 コーヒーダイエットで注意すべきことは,「ブラックで飲む」ことです。コーヒーはほぼ0カロリーですが,ミルク,砂糖を入れたコ-ヒーを飲むと,脂肪,糖分も体内にとりこまれてしまいます。

 砂糖は1グラムで4キロカロリーあり,コーヒー用のスティックシュガーは2~8グラム入っているので,8~32キロカロリーとなります。つまり1日5杯の砂糖入りのコーヒーを飲むと,40~160キロカロリーの糖分をとりこむことになります。

 缶コーヒーは手軽で便利ですが,ほとんどの製品に砂糖が含まれているので,必ず「ブラック」という表示のあるものを買うようにするとよいでしょう。

 また,コーヒーは食後,あるいは運動したあとのくつろいた状態のときに飲むというイメージがあります。しかし,コーヒーダイエットでは,「食前」,「運動する前」に飲むとより効果的になるとされています。

 食前に温かいコーヒーを飲むと満腹感が出てくるので,食べすぎの予防効果にもなります。また通勤,買い物,仕事での外回りの前にコーヒーを飲むと,体内の脂肪がより燃焼しやすくなります。

 朝食前に1杯,外出する前に1杯,昼食前に1杯,会社から帰宅する前に1杯,夕食前に1杯という飲み方をすれば理想的だといえるでしょう。
▲先頭へ戻る

ポイント

 1)必ず砂糖を入れないブラックコーヒーを,1日に5~6杯飲むようにすること
 2)缶コーヒーは無糖のものにすること
 3)運動の前や食事の前に飲むとダイエットの効果が上がること

▲先頭へ戻る

あるある健康大百科「ダイエット編」トップページ | アミノ酸ダイエット »